国際学術シンポジウム「近世~近代移行期における周縁的社会集団の世界」事務局 都市・周縁〈史料と社会〉科研 大阪市立大学国際学術シンポジウム 準備セミナー(第5回)

 この度、国際シンポジウム準備セミナー(2021年度第1回、通算第5回)を開催いたします。

 今回は、本学の渡辺健哉氏(国際学術シンポジウム実行委員会委員)と塚田孝氏(国際学術シンポジウム実行委員会委員/都市・周縁〈史料と社会〉科研・研究代表者)にご報告いただきます。

 本年、刊行されたオリオン・クラウタウ編『村上専精と日本近代仏教』(法蔵館)について、同著に収録されている渡辺健哉氏の「村上専精と常盤大定―東京帝国大学印度哲学講座の開設をめぐって」をテキストにして、渡辺氏ご自身に、この本全体のアウトラインやご自身の論稿の位置とねらいなどについて解説いただき、議論したいと思います。

 塚田氏には、文学研究科叢書第12巻『周縁的社会集団と近代』について、前回の事務局会議で議論した国際2021と連動する研究科叢書の企画と構成、執筆スケジュールなどについてあらためて議論し、方向性を固めたいと思います。

 事業に関係する皆さまのふるってのご参加をお待ちしております。

チラシはこちら(PDF

  • 日 時  5月7日(金) 16:00~18:30
  • 内 容  報告① 渡辺健哉氏(大阪市立大学)
    『村上専精と日本近代仏教』(法蔵館)をめぐって
    ※同著収録の渡辺氏ご論稿「村上専精と常盤大定―東京帝国大学印度哲学講座の開設をめぐって」を事前にお読みいただきご参加ください。
  • 報告② 塚田 孝氏(大阪市立大学)
  • 文学研究科叢書第12巻『周縁的社会集団と近代』について
  • 形 態  Zoomでの開催
    ※Zoomでの開催となりますので、レジュメ・ZoomのIDをお送りする都合上、ご参加の場合は、下記事務局の佐賀・佐藤まで、事前にお知らせください。

連絡・問い合わせ先

大阪市立大学国際学術シンポジウム事務局
佐賀 朝(大阪市立大学) E-mail:CYI03126@nifty.ne.jp
佐藤敦子(研究補佐)   E-mail:satotakabatake@yahoo.co.jp

※戦略的研究経費、基盤研究(A)20H00030「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」(代表・塚田孝)の研究活動の一環でもあります。

『都市文化研究』23号

このたび、都市文化研究センターは、『都市文化研究』23号
を刊行いたしました。

各掲載論文については、機関リポジトリよりご覧になることができます。
【バックナンバー】項目の「大阪市立大学学術機関リポジトリ」タブからご覧ください。

『都市文化研究』は、都市と文化に関する研究成果を公表することを、主たる目的として創刊された学術雑誌です。

編集委員会では、今後も国内外に読者を広げるべく努力をしていきます。
何卒ご高覧の上、関係方面への周知・講読のご推薦をお願い申し上げます。

なお現在、次号『都市文化研究』24号への投稿エントリーを承っております(こちらよりご確認いただけます)。

『都市文化研究』24号投稿募集のお知らせ

『都市文化研究』第24号(2022年3月刊行予定)の原稿を募集いたします。
投稿にあたっては、事前エントリーが必要です。投稿を希望される方は、【2021年7月2日(金)】までに、名前、所属、投稿ジャンル、タイトルを、都市文化研究センター事務局(ucrc_office◎lit.osaka-cu.ac.jp)までご連絡ください。

24号の原稿提出締め切りは【2021年8月27日(金)16:00】。
提出先は、『都市文化研究』編集委員会(ucrc_office◎lit.osaka-cu.ac.jp)です。

※メール送信の際には◎を@に変更してください。

詳細は、こちらをご覧ください。

2021年度 研究員一覧

氏名 研究テ―マ リサーチマップ
濱野 千尋 人間と「人間のようなもの」たちのアフェクトゥス ―ラブドールとセックスボットにまつわる文化人類学的セクシュアリティ研究― researchmap_icon
道上 祥武 集落遺跡からみた古代地域社会構造の実証的研究 researchmap_icon
呉 偉華 近世都市大坂における個別町の複合構造 researchmap_icon
藤本 大士 20世紀前半の日本における女性医師の活動 researchmap_icon
濵道 孝尚 律令制移行期における実務官人層の編成  
渡部 陽子 日本古代の物質文化―正倉院文書を中心に― researchmap_icon
金 甲鉉 南宋書院と士人ネットワーク researchmap_icon
庄 涵淇 中国近世の江南私家園林と士大夫の交遊 researchmap_icon
長尾 明日香 19世紀インド西部における都市自治体と都市文化 researchmap_icon
貝原 哲生 イスラーム時代初期エジプトにおけるキリスト教徒官僚 researchmap_icon
喜多(武重)千尋 リソルジメント期における亡命イタリア人の諸都市を結ぶネットワークと国家統一運動における穏健派の主導権掌握との関係性 researchmap_icon
谷田 利文 近世フランスにおけるポリスとエコノミー researchmap_icon
前田 充洋 クルップ社の対日事業をめぐる研究とドイツ海軍と工科大学の関係をめぐる研究 researchmap_icon
柗居 宏枝 明治期における日独通商・外交の研究 researchmap_icon
紺谷 由紀 6-11世紀ビザンツ帝国の法資料にみる宦官と去勢慣行 researchmap_icon
上野 愛実 トルコ共和国における神学部と宗教教育―教科書執筆者としての側面から― researchmap_icon
佐伯 綾那 ビザンツ帝国の宮廷儀礼における皇族女性の表象 researchmap_icon
波部 雄一郎 ヘレニズム時代における「書簡」の間テクスト性と国家間コミュニケーション researchmap_icon
原田 亜希子 近世教皇庁の世界認識―ヨーロッパ外からの使節の受容状況― researchmap_icon
加藤 はるか 中近世湖水地方、ウィンダミアのフォレスト researchmap_icon
伊東 由紀子 「性暴力」の社会問題としての可視化
―2010年代からのNHKとフェミニスト運動の関係性に着目して―
researchmap_icon
喜多 満里花 国家ブランディングにおけるポピュラー文化の使用とナショナル・アイデンティティー researchmap_icon
ケイン 樹里安 「ハーフ」の問題経験と対処実践の社会学的研究 researchmap_icon
中嶋 晋平 アジア・太平洋戦争期における広告と宣伝 researchmap_icon
中西 尋子 日本における韓国系キリスト教会の定着と展開―大阪市を中心として― researchmap_icon
濱田 武士 復興と負の記憶の継承に関する社会学的研究―平和公園の建設等に注目して― researchmap_icon
佐川 宏迪 若年者の社会的包摂に関する研究 researchmap_icon
全 ウンフィ 郊外化地域の在日集住地区とその居住権運動に関する地理学的研究 researchmap_icon
岡尾 将秀 在日スリランカ人の上座仏教による場所形成と日本人による受容 researchmap_icon
藤原 信行 戦間期アメリカ社会学における実用主義批判とその現代的意義 researchmap_icon
渡辺 拓也 現代日本におけるジェントリフィケーションと都市のコモンズ researchmap_icon
大和 冬樹 日本において近隣効果はいかにして作動するか researchmap_icon
櫻田 和也 ポストモダン都市における社会調査の方法論的研究 researchmap_icon
前田 楓 共生社会を支える寛容さに関する国際比較研究 researchmap_icon
岡田 高志 古代日本文学の表現とその特質―倭の伝統と漢風志向と― researchmap_icon
小笠原 愛子 『今鏡』の叙述意識についての研究 researchmap_icon
森 節男 軍記読物浄瑠璃の研究  
劉 娟 堀辰雄の中国古典ノート研究 researchmap_icon
田渕 欣也 中国近世文学研究 researchmap_icon
邱 昱翔 日本統治期台湾芸能史の再検討 researchmap_icon
徐 叔琳 戦後台湾外省人女性文学研究―1950年代琦君の小説を中心に― researchmap_icon
趙 晟 山東映画史研究 researchmap_icon
大山 大樹 外国語教育におけるリフレクションを促すグループワークの質的研究 researchmap_icon
片山 幹生 フランス中世文学における音楽の表象 researchmap_icon
山上 紀子 オディロン・ルドンの作品研究―その起源と影響― researchmap_icon
辻 昌子 フランス世紀末におけるジャーナリスト作家と装飾芸術をめぐる言説分析 researchmap_icon
鈴木 重周 ユダヤ系フランス人女性としてのクロード・カーアン researchmap_icon
中島 那奈子 老いのダンスドラマトゥルギーに関する方法論の系譜学的研究 researchmap_icon
加藤 賢 1980年代ポストパンク・ムーブメントによる心斎橋アメリカ村の変容 researchmap_icon
柴台 弘毅 都市における音楽文化の形成過程についての研究―心斎橋アメリカ村を事例に― researchmap_icon
吉田 全宏 在日コリアン寺院における宗教者と信者の動態 researchmap_icon

国際学術シンポジウム「近世~近代移行期における周縁的社会集団の世界」事務局 都市・周縁〈史料と社会〉科研 大阪市立大学国際学術シンポジウム 準備セミナー(第4回)

 今回、国際シンポジウム準備セミナー(第4回)は、戦略的研究経費、都市・周縁<史料と社会>科研との共催として開催することになりました。
「地方城下町・陣屋元村の地域史」をテーマに、ノースカロライナ大学シャーロット校のマーレン・エーラス氏には、近況の研究紹介をかねて明治維新前後の大野藩の貧民救済と身分的周縁論についてお話しいただき、本学の齊藤紘子氏(国際学術シンポジウム実行委員会委員)には、伯太藩陣屋元村の都市性と村落構造について研究報告をしていただきます。事業に関係する多くの皆さまの、ふるってのご参加をお待ちしています。

チラシはこちら(PDF

  • 日 時   3月27日(土) 9:00~11:00
  • テーマ 「地方城下町・陣屋元村の地域史」
  • 研究紹介 マーレン・エーラス氏(ノースカロライナ大学シャーロット校)
    「地域社会の固有性と普遍性―明治維新前後の越前大野を例に―」
    ※配布の論稿を事前にお読みいただきご参加ください。
  • 研究報告 齊藤紘子氏(大阪市立大学)
    「和泉国伯太藩陣屋元村の村落構造―青木家文書の調査から」
  • 形 態 Zoomでの開催
    ※Zoomでの開催となりますので、レジュメ・ZoomのIDをお送りする都合上、ご参加の場合は、下記事務局の佐賀・佐藤まで、事前にお知らせください。

連絡・問い合わせ先

大阪市立大学国際学術シンポジウム事務局
佐賀 朝(大阪市立大学) E-mail:CYI03126@nifty.ne.jp
佐藤敦子(研究補佐)   E-mail:satotakabatake@yahoo.co.jp

英語ライティングセミナー

下記の日程で英語ライティングセミナーを予定しています。ふるってご参加ください。
なお、本年度はオンライン開催となりますので、事前登録制とします。

 

下記URLの申込フォームにアクセスして登録してください。

日時:2021年3月18日(木)
(午前の部)10:00~12:00
(午後の部)13:30~15:30

講師:保田幸子先生(神戸大学大学院国際文化学研究科)

概要:本セミナーでは、学術論文のジャンル分析を通して、ジャンルに特有の言語的特徴や熟達した書き手が用いる文体の特徴について理解を深め、将来の英語論文執筆に役立つ技法を学びます。

<午前の部>
「英語論文の構成:IMRaDの流れで読み手を導く」
* 午前の部では、読み手を導き、読み手を引きつけるための論文の流れ(ストーリー)について学びます。

<午後の部>
「英語論文における文体と表現:客観的な文章から主体的な文章へ」
* 論文のディスコースとしてどのような「語られ方」が好まれるかは、時代の流れとともに変化してきています。午後の部では、21世紀型の英語論文ではどのような文体や表現が好まれるかを学びます。

セミナーの詳しくはこちら ↓
2020ライティングセミナーポスター

受講申し込み
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd2B_RXVg4-jKsw4rsQoA3bwe3EI65Fr2JG2-fZK4Gprvl0Vw/viewform?vc=0&amp;c=0&amp;w=1&amp;flr=0&amp;usp=mail_form_link

 

(大阪市大に在籍する研究員、大学院生のほか、教職員も対象としております。奮ってご参加ください。

申込期限:3月9日(火)17:00
3月10日(予定)に受講用URLをメールでお送りします。
メールが届かない場合は、お手数ですが下記【連絡先】までメールにてお問合せください。

【連絡先】
〒558-8585大阪市住吉区杉本3丁目3-138
大阪市立大学大学院文学研究科IS事務局
電話:06-6605-3114
メール:jimukyokumail
※〓を半角のアットマークに、●をピリオドに差し替えてください。

第2回 大阪市立大学・広州大学 学術交流会

開催日時 2021年2月20日(土)9:00〜17:30(JST)
会場 オンライン開催
主催 大阪市立大学大学院文学研究科(研究科プロジェクト「ユーラシア東方の諸都市における文化活動」)

このたび、大阪市立大学大学院文学研究科プロジェクト「ユーラシア東方の諸都市における文化活動」の主催による、「第2回 大阪市立大学・広州大学 学術交流会」を開催することになりました。
第2回 大阪市立大学・広州大学交流会プログラム

今回は、「中国古代の日常生活」という課題を設定し、本学と広州大学人文学院の研究者が報告・討論をいたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。 ※通訳付

チラシはこちら(PDF

共通課題:中国古代の日常生活

総合司会(総主持人):平田茂樹

9:00 開会挨拶:小林 直樹(大阪市立大学大学院文学研究科 研究科長)

 

司会(主持人):渡辺健哉

1. 9:15~10:15

  • 塩 卓悟(大阪市立大学都市文化研究センター 研究員) 「唐宋女性的飲酒」
  • コメント(評議):孫 廷林(広州大学人文学院 博士)

2. 10:15~11:15

  • 王 睿(広州大学人文学院 副教授) 「唐代翟槃陁幻術淵源考論」
  • コメント(評議):王 燕萍(大阪市立大学都市文化センター研究員・中山大学博士后)

3. 11:15~12:15

  • 高橋 未来(大阪市立大学大学院文学研究科 准教授)「評關於杜牧《注孫子》所引的故事和杜佑《通典》」
  • コメント(評議):于 笛(広州大学人文学院 博士)

12:15~13:30:休憩

 

司会(主持人):王元林

4. 13:30~14:30

  • 孫 廷林(広州大学人文学院 博士) 「“禮”“俗”之間——昭明太子信仰演變考」
  • コメント(評議):張 振康(大阪市立大学大学院文学研究科博士生)

5. 14:30~15:30

  • 平田 茂樹(大阪市立大学大学院文学研究科 教授) 「南宋士大夫劉克荘的交游與人際網絡」
  • コメント(評議):王 睿(広州大学人文学院 副教授)

6. 15:30~16:30

  • 于 笛(広州大学人文学院 博士) 「唐代志怪與社會生活芻議」
  • コメント(評議):庄 涵淇(大阪市立大学大学院文学研究科博士生)

16:30~16:45:休憩

 

16:45~17:30

  • 総評:渡辺 健哉(大阪市立大学大学院文学研究科 准教授)(15分)
  • 総評:王 元林(広州大学人文学院 副院長)(15分)

閉会挨拶:平田 茂樹

 

★通訳(王燕萍、王世禎、庄涵淇、劉藍蔚)

★報告30分、コメント10分、質疑応答

 

※Zoomでの開催となりますので、レジュメ・Zoom の ID をお送りする都合上、ご参加を希望される場合は、下記まで、事前にお知らせください。

  • 申し込み締切:2月18日(木)17:00
  • 連絡・問い合わせ先:渡辺 健哉(大阪市立大学):dubian6028[at]gmail.com([at]を@に変えて送信してください)

 

IS海外渡航支援の募集中止のお知らせ

例年行っているIS海外渡航支援は、本年度は新型コロナウィルスの影響もあり、募集を延期しておりました。本年度は募集そのものを中止することにしました。ご了承ください。

 

IS日常化プログラムの募集停止のお知らせ

2020年度のIS日常化プログラムは2021年1月末にぼ集を停止します。

 

日本語校閲(プルーフリーディング)支援の募集(2020年度 後期分)

文学研究科では、本研究科に在籍し、学位論文や学術論文を日本語で執筆する留学生と留学生を指導する教員を支援するために、昨年度に続き、今年度も以下のとおり日本語論文・発表原稿の校閲を補助することにいたしましたので、お知らせいたします。

1.目的
現在、文学研究科には多くの留学生が大学院生あるいは都市文化研究センター研究員として日本語で学位論文を執筆し、学術雑誌や学術集会で研究成果を発表することを目指して研究活動に従事しています。そうした留学生の研究成果の日本語による発信をサポートし、留学生を受け入れ、指導する教員の負担を軽減するために、留学生による日本語論文の校閲への助成を行います。

2.支給要件
以下のような条件で留学生による日本語の論文または研究発表原稿に対して補助金を支給します。
1)補助対象となる執筆行為
①国内外の学術雑誌、書籍等への日本語論文の投稿
②学会をはじめとする各種の学術集会のための日本語による発表用原稿の作成
③その他、本運営委員会が認めたもの
2)補助金額
日本語校閲の単価は以下の通り。
日本語論文・発表原稿…………………… 400字800円
ただし上限は4万円とします。
3)校閲申請者(外国語話者で校閲を受ける論文・原稿の原著者)
・文学研究科に正規学生として在籍する大学院留学生
・都市文化研究センター研究員
4)校閲担当者(日本語話者で上記申請者の論文・原稿の校閲を行い、補助金を受け取る者)
・文学研究科大学院生
・UCRC研究員

3.申し込み方法
1)日本語校閲を必要とする大学院留学生を指導する教員およびUCRC研究員の受入教員は「日本語校閲(プルーフリーディング)支援申請書」を提出してください。
2)提出先:文学研究科教務担当 lit-kyomu@ado.osaka-cu.ac.jp
3)助成が認められた場合、指導(受入)教員、校閲担当者にはそれぞれ以下の書類を提出していただきます。当該書類のファイルは担当者からメールで送付します。
・指導(受入)教員:「謝金調書」
・校閲担当者:「謝金等支払対象者確認票」、「振込先口座登録申請書(新規の場合)」
※詳細については、担当者にお問い合わせください。

4.校閲業務完了後の手続き
校閲業務が完了後、校閲担当者は速やかに「用務実施報告書兼精算依頼書」及び「校閲済みの論文または発表原稿」を担当者に提出してください。

5.募集期間
今年度の申し込み期限は2021年2月26日(金)とします。
ただし、校閲業務と請求書等の提出を必ず2021年3月8日(月)までに終えてください。

6.選考・決定
選考・決定は国際交流委員が行う。

7.備考
校閲担当者の選定および校閲業務の確認は、指導(受入)教員の責任で行ってください。
なお、校閲を担当可能な院生やUCRC研究員が身近にいない場合は、ご相談ください。

〈問い合わせ先〉
文学研究科教務担当 lit-kyomu 〓 ado●osaka-cu.ac.jp
(※〓を半角のアットマークに、●をピリオドに差し替えてください)
国際交流委員  海老根剛
注意:この件については、IS事務局では問い合わせにお答えできませんので、ご了承ください)

Page Top