国際学術シンポジウム「近世~近代移行期における周縁的社会集団の世界」事務局 都市・周縁〈史料と社会〉科研 大阪市立大学国際学術シンポジウム2021 オンラインセミナー(第4回)

連続オンラインセミナーの第4回は、育成事業総括シンポ(2019年5月)でもご活躍いただいた中世~近代インド史を専門とする小谷汪之氏に「南アジアの周縁的社会集団と史料」について、ご報告いただきます。また、上野雅由樹氏(育成事業若手派遣研究者、大阪市立大学)に、オスマン帝国史を専門とする立場からコメントをしていただきます。

小谷報告では、マラーター王国の文書史料から分かる近代移行期の周縁的な人々のあり方にも触れながら、当時のインド社会に迫るための多彩な史料群とそれらを分析する際の方法についても紹介していただきます。アジア諸地域の中近世~近代社会の特質について、比較史を通じて理解を深める機会としたいと思います。

皆さまのふるってのご参加をお待ちしています。

チラシはこちら(PDF

  • 日 時  1月27日(木) 15:00~17:00 
  • 内容
    • 報告
      小谷汪之氏(インド史)(東京都立大学名誉教授)
      南アジアの周縁的社会集団と史料―18世紀から20世紀へ―
  • コメント 上野雅由樹(オスマン史)(大阪市立大学文学研究科)
  • 形 態  Zoomでの開催

※参加希望の方は、下記事務局へメールでお申し込みください(会議ID・レジュメを送付)。お申し込みの際には、氏名・アドレス、セミナー名、ご所属(差し支えない範囲で)を明記してください。

連絡・問い合わせ先

大阪市立大学国際学術シンポジウム事務局
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学大学院文学研究科 佐賀朝研究室気付
E-mail:internationalsymposium2021@gmail.com

※戦略的研究経費、基盤研究(A)20H00030「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」(代表・塚田孝)の研究活動の一環でもあります。 

2022年度 都市文化研究センター(UCRC)研究員募集

2022年度 大阪公立大学大学院文学研究科
都市文化研究センター(UCRC)研究員 募集

大阪公立大学大学院文学研究科・都市文化研究センターでは、都市と文化に関わる研究を中心として、研究科全体の特色ある研究の発展を図るとともに、国際学術交流を促進し、その成果を学界及び社会に発信するため、2022年度都市文化研究センター研究員を募集します。

応募方法と書類様式がすべて更新されているため、応募者は十分に留意してください。

2021年12月20日

様式のダウンロード

研究科プロジェクト「性愛をめぐる人間学の試み:『性的倒錯』とは何か」哲学パート・ワークショップ

開催日時 12月3日(金)13:00~15:00
会場 オンライン(Zoom)
主催 大阪市立大学大学院文学研究科

性愛の多様性が叫ばれる今日、英語圏の現代哲学では「性的倒錯」の可能性が今もなお継続的に議論されている。対立する陣営の一方においては、性的倒錯なるものは確固とした根拠をもたない社会的な構成概念にすぎず、性愛に関するいかなる実践も本来的には倒錯していないと主張される。これに対抗する見解として、性愛には(道徳に限定されない)何らかの規範を想定することができ、ある種の実践を倒錯と呼ぶことには一定の意味があるという考えもある。本ワークショップでは、この対立を適正に評価するため、「そもそも性的とはどういうことか」や「性的欲望はいかなる情動か」、「性愛は生殖や人格、自律といった周辺的概念といかに関連するか」といった、より根本的な諸問題の洗い出しを行なったうえで、参加者との対話を通じて今後の哲学的探究の方向性を探る。

* 一般の参加希望者は、問い合わせ窓口にて事前登録をお願いいたします。


発表者等

  • 司会兼ファシリテーター:土屋貴志(准教授)
  • 概要説明:佐金武(准教授)
  • サーベイ:西澤徹臣(前期博士課程)・松山あき(前期博士課程)
  • 提題①:大畑浩志(後期博士課程OD・UCRC特別研究員)
  • 提題②:高野保男(後期博士課程OD・UCRC特別研究員)

問い合わせ窓口

佐金:sakon[at]osaka-cu.ac.jp([at]を@に変換してください)

上海・国際シンポジウム プレセミナー 「近世・近代巨大都市の比較史 ―大坂と上海の社会構造と史料―」

 本年11月に大阪市立大学文学研究科と上海社会科学院歴史研究所は、共同で〈史料と社会〉の視角からの大阪と上海の比較都市史の国際シンポジウムを予定していた。新型コロナの影響で、これは来年に延期することとしたが、そこへ向けたステップとして、オンラインのプレセミナーを開催することとした。

 今回のセミナーは、都市の地縁的共同組織や営業者の結集体に関するセッションと都市周縁部に焦点を合わせたセッションの2部構成とし、いずれも分析対象の史料の特質とそれぞれの都市社会の構造を統一的に把握することを試みる。

 これらの報告と討論を通して、〈史料と社会〉という視点から、世界史的な視野で、日本と中国の巨大都市の位置づけについて共同で議論する場としたい。

 多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

チラシはこちら(PDF

  • 日 時 2021年11月27日(土)
  • 場 所 オンライン開催(遠隔会議システムZOOMによる配信)
    ※参加希望者は、都市・周縁〈史料と社会〉科研事務局(kinnseiosakakennkyuukai@gmail.com)まで、事前にメールで申し込んでください(ZoomID・レジュメを送付します)。

10301230

  • 趣旨説明:塚田孝氏(大阪市立大学名誉教授)
  • 報告:
    • 馬学強氏(上海社会科学院歴史研究所)「上海商船会館に関する資料整理と研究」
    • 三田智子氏(就実大学)19 世紀中期の町共同体雛屋町「丁内諸用記」から」

14001600

  •  報告:
    • 舟氏(上海社会科学院歴史研究所)「上海巨大都市及び周辺地区における家譜史料研究」
    • 齊藤紘子氏(大阪市立大学)
      「都市域の拡大と周辺村落難波村成舞家文書から」

全体討論:16:15~17:30

連絡・問い合わせ先

科研事務局
〒558-8585 大阪市住吉区杉本 3-3-138 大阪市立大学大学院文学研究科  齊藤紘子研究室気付
E-mail: kinnseiosakakennkyuukai@gmail.com

主催

大阪市立大学文学研究科都市文化研究センター(UCRC)
科研・基盤研究(A)「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」
上海社会科学院歴史研究所

大阪市立大学 国際学術シンポジウム2021オンラインセミナー・シリーズ メインセミナー・講演会 「近世~近代日本・アジアの周縁的社会集団と史料」

大阪市立大学が、2017~19年度に進めた国際共同研究(JSPS国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業「周縁的社会集団と近代―日本と欧米におけるアジア史研究の架橋」、略称「育成事業」)では、アジア諸地域の近世(江戸時代)~近代(明治以降)の周縁的社会集団(乞食・非人や日雇労働者、遊女、宗教的少数者など)をめぐる新たな歴史像を、多角的に解明しました。また、事業終了後の2020年、文学研究科は、都市文化研究センター(UCRC)に「周縁的社会集団国際共同研究プラットホーム」を構築し、活動を展開してきました。

今回のセミナー・講演会では、日本の近世~近代における周縁的社会集団の世界とそれを解き明かす史料の特徴について、内外の研究者がオンライン討議を行い、他地域とも比較しつつ、その面白さを明らかにします。

第Ⅰ部(午前)は、大坂をはじめとする日本近世都市の社会集団を素材に、アメリカ東海岸の研究者をまじえて、その魅力を語り合います。第Ⅱ部(午後)では、中国の研究者を交えて、国際都市上海や日中貿易を素材に、様々な時代に東アジアを行き来した人々とその社会的実態に迫ります。ふるってのご参加をお待ちしています。

チラシはこちら(PDF

  • 日 時 2021年12月18日(土)
  • 場 所 オンライン開催(遠隔会議システムZOOMによる配信)
    ※参加希望者は、事務局まで事前にメールでお申し込み下さい。会議ID・レジュメを送付します。

第Ⅰ部 日本9:00〜11:30 (アメリカ東海岸(19:00〜21:30)と繋ぐ国際セミナー)
〈近世・近代日本の周縁的社会集団―その世界史的位置〉

  • 報 告 塚田孝さん(大阪市立大学名誉教授、日本近世都市社会史・身分社会史)
    「近世大坂・道頓堀の社会=空間と周縁的社会集団の世界」
  • コメント① ダニエル・ボツマンさん(イェール大学歴史学部教授、日本近世・近代都市社会史)
  • コメント② マーレン・エーラスさん(ノースカロライナ大学シャーロット校准教授、日本近世身分社会史)
  • 質 疑 (進行)佐賀朝さん(大阪市立大学文学研究科教授、日本近現代史)

第Ⅱ部 日本14:00〜16:30 (中国 上海(13:00〜15:30)と繋ぐ国際セミナー)
〈近世・近代東アジアの社会集団―日本と中国の交流史から

  • 報告① 彭 浩さん(大阪市立大学経済学研究科准教授、近世東アジア域内貿易史)
    「近世貿易都市・長崎の「唐人」社会―18世紀を中心に」
  • 報告② 張智慧さん(上海大学文学院副教授、上海都市社会史)
    「国際都市・上海の日本人居留民社会―1920~30年代を中心に」
  • 報告③ 渡辺健哉さん(大阪市立大学文学研究科教授、中国近世・近代史)
    「幕末明治人の見た〈近代〉中国社会―岡千仞『観光紀游』を手がかりに」
  • 質 疑 (進行)佐賀朝さん

連絡・問い合わせ先

大阪市立大学国際学術シンポジウム事務局
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学大学院文学研究科 佐賀朝研究室気付
E-mail  internationalsymposium2021@gmail.com


上記QRコードからも送付できます。

※本事業は、基盤研究(A)20H00030「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」(代表・塚田孝)の研究活動とも協力しています。

大阪市立大学 国際学術シンポジウム2021 オンラインセミナー・シリーズ

大阪市立大学大学院文学研究科では、2017~19年度にJSPS国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業「周縁的社会集団と近代―日本と欧米におけるアジア史研究の架橋」(略称「育成事業」)を進め、アジア諸地域の近世(江戸時代)~近代(明治以降)の周縁的社会集団(乞食・非人や日雇労働者、遊女、宗教的少数者など)をめぐる新たな歴史像を、多角的に解明しました。

事業終了後も、都市文化研究センター(UCRC)に「周縁的社会集団国際共同研究プラットホーム」を構築し、その後も国際的な共同研究活動を展開してきました。

その趣旨と成果を継承し、広く内外に発信する機会として、今回、大阪市立大学では、国際学術シンポジウム2021連続オンラインセミナーを企画しました。本シリーズでは、これら最前線の研究を順次紹介し、メイン・イベントでは市民向け講演会として公開します。

関心をお持ちの研究者や市民の皆さんのふるってのご参加をお待ちしています。

チラシはこちら(PDF


※すべて、遠隔会議システムZoomによる開催を予定しています。

◆連続オンラインセミナー 1st Term  2021年 9〜11月 

育成事業で海外派遣された若手研究者による研究報告と分野の異なる研究者のコメントを受けてアジア諸地域の周縁的社会集団について、比較史の観点や史料のあり方に即して議論します。

第1回 9月9日(木)15:00~17:00 開催済み

テーマ  「近世イスタンブルの街区と史料―18世紀のシャリーア法廷台帳を中心に―
報 告  守田まどか(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
コメント 齊藤紘子(大阪市立大学文学研究科・日本近世史)

第2回 10月14日(木)15:30~17:30 開催済み

テーマ 「医療宣教に見る欧米・アジア間の移動と交流―医学史とミッション史の接点で―
報 告  藤本大士(UCRC研究員)
コメント 北村昌史(大阪市立大学文学研究科・西洋近代史)

第3回 11月9日(火)15:00~18:00

テーマ  「近世日本の地域社会変容と史料―19世紀の村方史料を素材に
報 告  島﨑未央(大阪歴史博物館)「村中規定連印帳にみる和泉国池田下村の19世紀」
吉元加奈美(京都精華大学)「近世大坂の都市周縁部の開発と地域社会―難波村を素材に―」

◆メインセミナー・講演会  2021年12月18日(土) 

育成事業の成果として明らかになってきたアジア諸地域の近世~近代における周縁的社会集団をめぐる歴史像を、日本の事例を中心に紹介し、他地域とも比較します。
午前・午後の2部構成で、いずれも市民向けオンライン講演会(Zoom)として一般公開します。
詳細は、別チラシをご参照ください。

第1部 日本9:00〜11:30 (アメリカ東海岸(19:00〜21:30)と繋ぐ国際セミナー)

〈近世・近代日本の周縁的社会集団―その世界史的位置〉
報 告  塚田 孝(日本近世都市社会史・身分社会史)
コメント ダニエル・ボツマン(イェール大学歴史学部、日本近世・近代都市社会史)
コメント マーレン・エーラス(ノースカロライナ大学シャーロット校、日本近世身分社会史)

第2部 日本14:00〜16:30 (上海(13:00〜15:30)と繋ぐ国際セミナー)

〈近世・近代東アジアの社会集団―日本と中国の交流史から〉
報 告①  張智慧(上海大学文学院、上海都市社会史)
報 告②  彭浩(大阪市立大学経済学研究科、日中貿易史・比較史)
報 告③  渡辺健哉(大阪市立大学文学研究科、中国近世・近代史)

◆連続オンラインセミナー 2nd Term  2022年1〜3月

海外の研究者とオンラインで繋ぎ、多言語でアジア諸地域の社会集団と史料について討議します。

第4回 1月27日(木) 15:00~17:00

テーマ 「南アジアの周縁的社会集団と史料
報 告  小谷汪之(中世~近世インド史) 
コメント 上野雅由樹(大阪市立大学大学院文学研究科、オスマン帝国史)

第5回 2月24日(木) 15:00~17:30

テーマ 「法史料から復元する移行期の日本社会
報告者  ティモシー・エイモス(シンガポール国立大学、日本近世身分社会史)
コメント  安竹貴彦(大阪市立大学法学研究科、日本法制史)

第6回 3月10日(木) 15:00~17:30(中国語・日本語のバイリンガルセミナー)

テーマ 「伝統都市・上海における流通・交易と商人集団
報告者 馬学強(上海社会科学院、上海都市史)
コメント (調整中)

※各回の詳細は、「周縁的社会集団と近代」HPおよび大阪市立大学文学研究科HPでご案内します。※参加希望者は、下記事務局まで、事前にメールでお申し込みください。(会議ID・レジュメを開催前日に送付します)


連絡・問い合わせ先

大阪市立大学国際学術シンポジウム事務局
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学大学院文学研究科 佐賀朝研究室気付
E-mailinternationalsymposium2021@gmail.com


(上記
QRコードからも送付可能

※本事業は、基盤研究(A)20H00030「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」(代表・塚田孝)の研究活動とも協力しています。

国際学術シンポジウム「近世~近代移行期における周縁的社会集団の世界」事務局 都市・周縁〈史料と社会〉科研 大阪市立大学国際学術シンポジウム2021 オンラインセミナー(第3回)

連続オンラインセミナーの第3回は、育成事業若手派遣研究者としてもご活躍いただいた島﨑未央氏(大阪歴史博物館)、吉元加奈美氏(京都精華大学)のお二人に、最近の研究成果をご報告いただきます。

島崎氏は、「村中規定連印帳にみる和泉国池田下村の19世紀」と題し、慶応3(1867)年の「村中規定連印帳」の分析から、19世紀の池田下村のありようを検討していきます。

吉元氏は、「近世大坂の都市周縁部の開発と地域社会―難波村を素材に―」と題し、開発における村側の対応や意向、町奉行・代官双方の支配のあり方に注目し、都市周縁部の分析を進める際の論点を深め検討していきます。

皆さまのふるってのご参加をお待ちしております。

チラシはこちら(PDF

  • 日 時 11月9日(火) 15:00~18:00
  • 内 容 「近世日本の地域社会変容と史料―19世紀の村方史料を素材に」
    • 報告
      島﨑未央(大阪歴史博物館)
      「村中規定連印帳にみる和泉国池田下村の19世紀」
      吉元加奈美(京都精華大学)
      「近世大坂の都市周縁部の開発と地域社会―難波村を素材に―」
  • 形 態  Zoomでの開催

※参加希望の方は、下記事務局まで、事前にお知らせください(会議ID・レジュメを送付)。

連絡・問い合わせ先

大阪市立大学国際学術シンポジウム事務局
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学大学院文学研究科 佐賀朝研究室気付
E-mail:internationalsymposium2021@gmail.com

※戦略的研究経費、基盤研究(A)20H00030「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」(代表・塚田孝)の研究活動の一環でもあります。 

国際学術シンポジウム「近世~近代移行期における周縁的社会集団の世界」事務局 都市・周縁〈史料と社会〉科研 大阪市立大学国際学術シンポジウム2021 オンラインセミナー(第2回)

続オンラインセミナーの第2回は、「医療宣教に見る欧米・アジア間の移動と交流―医学史とミッション史の接点で―」と題し、藤本大士氏(育成事業若手派遣研究者、大阪市立大学都市文化研究センター研究員/日本学術振興会特別研究員PD)が報告します。

日本における医療宣教師研究の到達点や課題について、8月に刊行された『医学とキリスト教——日本におけるアメリカ・プロテスタントの医療宣教』(法政大学出版局)の議論を紹介しつつ、本書の医学史・ミッション史研究における位置づけについて確認します。その上で、イギリス・カナダなどから来日した医療宣教師の活動や、医療宣教師の日本以外の国・地域での活動についても概観し、比較研究の可能性について検討します。

皆さまのふるってのご参加をお待ちしております。

チラシはこちら(PDF

  • 日 時 10月14日(木) 15:30~17:30
  • 内 容
    • 報告 藤本大士氏(大阪市立大学UCRC研究員/日本学術振興会特別研究員PD)
      「医療宣教に見る欧米・アジア間の移動と交流 ―医学史とミッション史の接点で―」
    • コメント 北村昌史氏(大阪市立大学文学研究科)
      参考文献 藤本大士著『医学とキリスト教-日本におけるアメリカ・プロテスタントの医療宣教』(法政大学出版局、2021年)
  • 形 態  Zoomでの開催

※参加希望の方は、下記事務局まで、事前にお知らせください(会議ID・レジュメを送付)。

連絡・問い合わせ先

大阪市立大学国際学術シンポジウム事務局
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学大学院文学研究科 佐賀朝研究室気付
E-mail:internationalsymposium2021@gmail.com

※戦略的研究経費、基盤研究(A)20H00030「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」(代表・塚田孝)の研究活動の一環でもあります。

国際学術シンポジウム「近世~近代移行期における周縁的社会集団の世界」事務局 都市・周縁〈史料と社会〉科研 大阪市立大学国際学術シンポジウム2021 オンラインセミナー(第1回)

JSPS国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業「周縁的社会集団と近代―日本と欧米におけるアジア史研究の架橋」(2017-19年度、略称「育成事業」)では事業終了後、周縁的社会集団の歴史的研究に関する国際的な共同研究プラットホームを構築することを謳い、活動を展開してきました。その趣旨と成果を継承し広く内外に発信する機会として、今回、大阪市立大学国際学術シンポジウム2021連続オンラインセミナーを企画しました。本セミナーシリーズでは、これら最前線の研究を順次紹介し、メイン・イベントでは講演会も開催する予定です。

連続オンラインセミナーの第1回は、「近世イスタンブルの街区と史料―18世紀のシャリーア法廷台帳を中心に―」と題し、守田まどか氏(育成事業若手派遣研究者、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所:研究機関研究員)が報告します。シャリーア法廷台帳は、オスマン帝国の司法・民政を担った裁判官(カーディー、あるいはその代理)が、作成または受領した文書の控えを収録した帳簿で、都市社会史研究における重要な史料です。報告者がこれまでの調査により発見した新史料をいくつか紹介しつつ、法廷台帳の史料的性格、および帝都イスタンブルの街区研究における有効性について論じていただきます。日本近世史の齊藤紘子氏のコメントも受けて、オスマン・日本の比較を軸に、街区の社会=空間やその構造に迫る史料の特質をめぐって議論したいと思います。皆さまのふるってのご参加をお待ちしております。

チラシはこちら(PDF

  • 日 時  9月9日(木) 15:00~17:00 
  • 内 容  
    • 報告 守田まどか氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
      「近世イスタンブルの街区と史料 ―18世紀のシャリーア法廷台帳を中心に―」
    • コメント 齊藤紘子氏(大阪市立大学文学研究科)
  • 形 態  Zoomでの開催

※参加希望の方は、下記事務局まで、事前にお知らせください(会議ID・レジュメを送付)。

連絡・問い合わせ先

大阪市立大学国際学術シンポジウム事務局
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学大学院文学研究科 佐賀朝研究室気付
E-mail:internationalsymposium2021@gmail.com

※戦略的研究経費、基盤研究(A)20H00030「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」(代表・塚田孝)の研究活動の一環でもあります。

2021年度UCRC若手プロジェクト

大阪市立大学都市文化研究センターでは、研究員からプロジェクトを公募し、審査の上、2021年度は以下の1件を採用しました。
UCRC若手プロジェクトについて

テーマ代表研究者共同研究者受入教員
社会問題としての「性暴力」─NHKにおける可視化とフェミニスト運動との関係性(2010年─)伊東由紀子(UCRC特別研究員)なし石田佐恵子

Page Top