インターナショナルスクールでは、文学研究科の大学院生と都市文化研究センター(UCRC)研究員を対象に、外国語での研究発表や論文作成、海外の学会参加や研究調査を支援する4つの取り組みを行っています。

トレーニングプログラム(TP)

英語による研究発表の実践的なスキルを養成するプログラムです。当プログラムの受講者は、IS研究交流セミナーでの発表の機会を得られます。

インターナショナルスクール海外渡航支援

国際学会での発表、または海外での調査を予定している文学研究科大学院生・UCRC研究員に海外渡航の費用を助成します。

募集期間:6月末~7月頃(原則として年1回)

ライティングセミナー実践編(1日講座)

大学院科目のアカデミックコミュニケーション演習II(リンク)の内容をさらに発展させ、英語による論文執筆を学ぶ1日講座を開講します。参加は自由です。

外国語論文校閲・翻訳補助(英語以外にも対応)

文学研究科院生等が自分の書いた外国語論文等の校閲を業者に依頼する場合(場合によっては翻訳も含む)、その費用を補助します。

募集期間:6月末~翌年2月上旬(応募状況等により変動あり)