開催日2019年2月1日(金)14時~16時
会場大阪市立大学文学部情報編集室(L201)
主催大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター

■報告
柗居宏枝(大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター特別研究員、ルール大学ボーフム客員研究員)
「近代日本におけるドイツ系商会の経営と貿易―C. ローデ商会の伊予鉄道への機関車輸入について」UCRCforum_190201

■要旨
19世紀末、ドイツはイギリス、アメリカに次ぐ日本の貿易相手国へ成長したが、その通商貿易、およびドイツ系商会の活動実態については十分明らかになっているとは言えない。史料が十分にないことから、基本的な経営実態の把握さえも難しいのが現状である。

そのため発表者は、取引商品に着目することによって、ドイツ系商会の通商実態を明らかにする研究をおこなっている。その一つが、鉄道関連資材の視点からの研究である(拙論「19世紀末ドイツ製鉄道軌条の日本市場参入をめぐる日本外交」『鉄道史学』、2017年)。

こうしたドイツの対日外交文書を利用した研究によって、自由貿易主義のイギリスに対し、保護貿易主義を展開するドイツ政府、公使、領事、商人の独自性とドイツ系商会の調査研究の意義を指摘してきた。

本報告では、伊予鉄道をはじめ日本各地に輸出されたドイツ製Bタンク機関車から、ドイツ系商会経営実態を明らかにしていきたい。

  • 申込不要、参加無料
  • チラシはこちら(PDF

■都市文化研究フォーラムについて
本フォーラムは、都市と文化をめぐる諸問題の領域横断的な探究と若手研究者間のネットワークの構築を目的として、大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センターが主催する学術集会です。

■お問い合わせ
大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター

〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
E-mail:ucrc_office[at]lit.osaka-cu.ac.jp([at]を@に変えて送信してください)
TEL:06-6605-3114