学部・大学院

祖田亮次

研究者名祖田亮次
ホームページ
所属大阪市立大学
部署文学研究科
職名教授
学位
  • 京都大学 博士(文学)

経歴

  • - : 大阪市立大学(教授)

  • - : 大阪市立大学(准教授)

  • - : 北海道大学(准教授)

  • - : 北海道大学(助教授)

  • - : 広島大学(助手)

受賞

  • : 人文地理学会賞

  • : 日本地理学会研究奨励賞

論文

  • 熱帯アジアにおける人‐自然関係論―ボルネオ北西部を事例として

    祖田亮次
    歴史科学 (232) 59-71

  • Biodiversity conservation values of fragmented communally reserved forests, managed by indigenous people, in a human-modified landscape in Borneo

    Takeuchi Y., Soda R., Diway B., Kuda Ta, Nakagawa M., Nagamasu H. and Nakashizuka, T.
    PLoS ONE 12 (11)

  • マレーシアの中のサラワク、マレーシア研究の中のサラワク研究

    祖田亮次
    マレーシア研究 6 3-20

  • Culture and acceptance of disasters: supernatural factors as an explanation of riverbank erosion.

    Ryoji SODA
    Ngingit 9 18-24

  • Social and ecological factors associated with the use of non-timber forest products by people in rural Borneo.

    Sakai, S., Choy, Y. K., Kishimoto-Yamada, K., Takano, K. T., Ichikawa, M., Samejima, H., Kato, Y., Soda, R., Ushio, M., Saizen, I., Nakashizuka, T. and Itioka, T.
    Biological Conservation 204 (Part B) DOI: 10.1016/j.biocon.2016.10. 340-349

more (25)

書籍等出版物

  • 北海道南西沖地震・津波と災害復興――激甚被災地奥尻町の20年

    北海道大学出版会

  • Southeast Asian mobility transitions: issues and trends in migration and Tourism

    Department of Geography and Regional Research, University of Vienna

  • ボルネオの〈里〉の環境学――変貌する熱帯林と先住民の知

    昭和堂

  • 地球圏・生命圏の潜在力――熱帯地域社会の生存基盤

    京都大学学術出版会

  • 都市の歴史的形成と文化創造力

    清文堂

more (11)

講演・口頭発表等

  • 東・東南アジアにおける治水・利水技術の歴史的展開――日本を中心とする河川の150年史

    2018年人文地理学会大会

  • マレーシア・サラワク州の村落周辺の森林被覆変化

    第28回熱帯生態学会年次大会

  • 日高川流域の移住/定住促進と地域活性化

    大阪市立大学COCフォーラム「平成29年度 CR副専攻成果報告会」

  • マレーシア・サラワク州における人-自然関係の変化――災害、プランテーション、保全林

    コタキナバル日本人会第5回講演会

  • 河川改修をめぐる技術の形成・変容・伝播

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研共同利用・共同研究課題『「わざ」の人類学的研究――技術,身体,環境』第2回研究会

more (56)

Misc

  • 東・東南アジアにおける治水・利水技術の歴史的展開

    祖田亮次千里地理通信(関西大学地理学研究会会報) (77) 8-8

  • 災害研究と地理学

    祖田亮次床呂郁哉・佐久間寛・塩原朝子編『災害の/とフィールドワーク』(フィールドサイエンス・コロキアム2016年度第1回ワークショップ報告書)東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 54-74

  • 環境改変下における自然生態研究――異分野融合の可能性と地域研究(東南アジア学会50周年記念シンポジウム『「ものがたり」、そして「ともがたり」へ――変わりゆく東南アジアと東南アジア研究』発表要旨)

    祖田亮次東南アジア学会会報 (106) 24-25

  • 高橋誠:巨大地震と社会――災害の地理学的研究(2016年大会特別研究発表――報告・討論の要旨および座長の所見)

    祖田亮次 69 (1) 142-148

  • 『日本におけるイスラームの諸相』

    祖田亮次・横林泰宏・大阪市立大学文学部地理学教室2016年度地理学野外調査実習I報告書 1-100

more (28)

研究キーワード

災害文化, 漢籍文書, ランテン, ラオス, 河川地形,

more (20)

研究分野

  • 人文地理学/人文地理学

  • 文化人類学/文化人類学・民俗学

  • 地域研究/地域研究

所属学協会

  • 北海道地理学会

  • 日本マレーシア学会

  • 地理科学学会

  • 人文地理学会

  • 東南アジア学会

more (6)

競争的資金等の研究課題

  • 熱帯アジアにおけるアブラヤシ小農の自律性と持続可能性

    日本学術振興会 : 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 研究機関 : - 代表者名 : 祖田亮次

  • 多民族国家マレーシアの外国人労働者に関する学際的総合的研究

    日本学術振興会 : 科学研究費補助金(基盤研究(A)) 研究機関 : - 代表者名 : 藤巻正巳

  • ボルネオにおける流域社会の形成と変化―民族間関係の空間論

    日本学術振興会 : 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 研究機関 : - 代表者名 : 祖田亮次

  • 東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究

    日本学術振興会 : 科学研究費補助金(基盤研究(S)) 研究機関 : - 代表者名 : 石川登

  • 東南アジア大陸山地部の社会経済ダイナミズム―駆動力としての多言語ネットワーク

    日本学術振興会 : 科学研究費補助金(基盤研究(B)) 研究機関 : - 代表者名 : BADENOCH Nathan

more (12)

学歴

  • - : 京都大学 大学院文学研究科(博士課程)

  • - : 京都大学 大学院文学研究科(修士課程)

  • - : 京都大学 文学部