学部・大学院

白田由樹

研究者総覧
研究者名白田シラタ由樹ユキ
所属大阪市立大学
部署文学研究科 言語文化学専攻
職名教授
学位
  • 大阪市立大学 博士(文学)

研究キーワード

フランス語圏 19世紀末文化 女性表象 アール・ヌーヴォー

研究分野

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 / フランス語圏文化
  • 人文・社会 / ジェンダー / 表象
  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 / フランス文学

経歴

  • - 現在: 大阪市立大学 文学研究科 言語文化学専攻 教授
  • - : 大阪市立大学 文学研究科 言語文化学専攻 准教授
  • - : 大阪市立大学 附属図書館(学術情報総合センター) 司書

学歴

  • : 大阪市立大学 文学研究科

論文

  • ヴァン・デ・ヴェルデの装飾デザインにおける原始性志向―世紀末ベルギーの文芸思潮と「未開民族」に関する言説から―
    白田由樹
    人文研究 70 43 -69
  • S.ビングとフランス式「アール・ヌーヴォー」の創成―美的趣味を通じた統合の構想と帰化ユダヤ人の位置―
    白田 由樹
    大阪市立大学フランス文学会『Lutèce』 44 49 -70
  • サラ・ベルナールの愛国劇とユダヤ性の問題―ふたつのジャンヌ・ダルク劇からの考察―
    白田 由樹
    Lutèce 42 39 -57
  • 川上音二郎の「西洋」体験と正劇運動―欧米巡業から「世界的演劇を起すの必要」に至る過程を中心に―
    白田 由樹
    人文研究 66 127 -152
  • 川上音二郎・貞奴が演じた「東洋」―1900年パリ万国博覧会における日仏の位相から―
    白田 由樹
    人文研究 64 95 -114
more(14)

MISC

  • サラ・ベルナールの挑戦―偉大な芸術家としての女優―
    白田 由樹
    大阪府立大学女性学研究センター 第22期女性学講演会「文学とジェンダー」(講演会記録) 51 -70
  • サラ・ベルナールの人生と舞台(解説記事)
    白田 由樹
    パルコ『ライオンのあとで』(劇場プログラム) 22 -25
  • 「美しき時代」の詩神(ミューズ)―サラ・ベルナールの舞台人生と大衆の記憶―
    白田 由樹
    オクターブ『パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界(展覧会図録)』
  • 同じ見るなら豪華な夢を―サルドゥとサラ・ベルナールの舞台劇『ラ・トスカ』―(解説記事)
    白田 由樹
    東京二期会『Toska』(劇場プログラム) 28 -33
  • サラ・ベルナールとミュシャ(コラム)
    白田 由樹
    カドカワ『ミュシャのすべて』 22 -27

書籍等出版物

  • サラ・ベルナール――メディアと虚構のミューズ
    白田 由樹
    単著 大阪公立大学共同出版会
  • サラ・ベルナール―メディアと虚構のミューズ―
    白田 由樹
    単著 大阪公立大学共同出版会

講演・口頭発表等

  • 愛国のシンボルとしてのサラ・ベルナール―プロパガンダ映画『フランスの母親たち』にいたる過程からの考察 日本フランス語フランス文学会2019年度春期大会
  • アール・ヌーヴォーの初期理念と世紀末ベルギー:ヴァン・デ・ヴェルデとその周辺 独仏語圏文化学研究会シンポジウム「世紀転換期の装飾と『近代性』をめぐる問題―ヨーロッパ文化論の視座から―」
  • 19世紀末のベルギーにおけるプリミティヴィズムの潮流―二十人会と『新社会』の周辺調査から 第77回ベルギー研究会
  • ヴァン・デ・ヴェルデの「新しき芸術」観とその背景―『新社会』誌、フランス画壇との関係から 第74回ベルギー研究会
  • 生命力の回復と応用芸術運動――ヴァン・デ・ヴェルデの原始性志向 大阪市立大学フランス文学会研究発表会
more(17)

担当経験のある科目(授業)

  • 文学部基礎演習 (大阪市立大学文学部)
  • 初年次セミナー (大阪市立大学大学教育センター)

所属学協会

  • 日仏女性研究学会
  • 日本演劇学会
  • 日本フランス語フランス文学会
  • 日本ベルギー研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 世紀転換期の装飾と「近代性」をめぐる問題―独仏語圏における文化論的視座から―
    白田 由樹
    日本学術振興会 科学研究費助成事業(基盤研究C)