学部・大学院

川邉光一

研究者名川邉 光一カワベ コウイチ
所属大阪市立大学
部署大学院文学研究科 人間行動学専攻(心理学専修) 文学研究科
職名准教授
学位
  • 筑波大学 博士(心理学)

経歴

  • -大阪市立大学

  • - 科学技術振興事業団戦略的基礎研究研究員

論文

  • 1'-Acetoxychavicol acetate ameliorates age-related spatial memory deterioration by increasing serum ketone body production as a complementary energy source for neuronal cells.

    Kojima-Yuasa A, Yamamoto T, Yaku K, Hirota S, Takenaka S, Kawabe K, Matsui-Yuasa I
    Chemico-biological interactions 257 101-109

  • Hippocampal AP5 treatment impairs both spatial working and reference memory in radial maze performance in rats.

    Yamada K, Shimizu M, Kawabe K, Ichitani Y
    European journal of pharmacology 758 137-141

  • Effects of neonatal repeated MK-801 treatment on delayed nonmatching-to-position responses in rats.

    Kawabe K, Miyamoto E
    Neuroreport 19 (9) 969-973

  • Repeated treatment with N-methyl-d-aspartate antagonists in neonatal, but not adult, rats causes long-term deficits of radial-arm maze learning.

    Kawabe K, Iwasaki T, Ichitani Y
    Brain research 1169 77-86

  • Visualization of alpha5 subunit of GABAA/benzodiazepine receptor by 11C Ro15-4513 using positron emission tomography.

    Maeda J, Suhara T, Kawabe K, Okauchi T, Obayashi S, Hojo J, Suzuki K
    Synapse (New York, N.Y.) 47 (3) 200-208

more (9)

Misc

  • ラットの学習・記憶における脳内グルタミン酸のレセプターの役割に関する研究の動向

    筑波大学心理学研究 -

  • 海馬の長期増強の抑制・亢進に伴った学習・記憶能力の変化―McEachern & Shaw (1996)の可塑性-病理学的変性連続体モデルに関する一考察―

    人文研究 -

  • ラットの視覚的遅延見本合わせ学習

    人文研究 -

  • 動物を用いた指示性忘却(Directed Forgetting)に関する研究の概観

    筑波大学心理学研究 -

研究キーワード

行動薬理学, 行動神経科学, 薬理心理学, 生理心理学,

研究分野

  • 神経科学/神経生理学・神経科学一般

  • 心理学/実験心理学

所属学協会

  • 日本動物心理学会

  • 日本神経精神薬理学会

  • 日本心理学会

  • 日本神経科学学会

競争的資金等の研究課題

  • 統合失調症モデルラットにおける虚連合記憶―動物の「妄想」研究の基礎として

    文部科学省 : 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 研究機関 : - 代表者名 : 川辺 光一

  • 統合失調症モデル動物である新生仔期NMDA拮抗薬投与ラットはストレスに対し脆弱か

    文部科学省 : 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 研究機関 : - 代表者名 : 川辺 光一

  • 新生仔期NMDA拮抗薬投与ラットの行動異常の解析:統合失調症の動物モデルとして

    文部科学省 : 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 研究機関 : - 代表者名 : 川辺 光一

  • 遅延非見本合わせ課題を用いたラットの顕在記憶の研究:海馬グルタミン酸受容体の役割

    文部科学省 : 科学研究費補助金(基盤研究(B)) 研究機関 : - 代表者名 : 一谷 幸男

学歴

  • - : 筑波大学 心理学研究科 心理学専攻

  • - : 筑波大学 第二学群 生物学類