Concept

In this website, the activities of a research project, Marginal Social Groups’

Experiences of Modernity: Building Bridges between Historians of Asia in Japan and the West are introduced. This project has been sponsored by the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) since October 2017 and will be until March 2020. It is one of the core projects of the Urban Culture Research Center (UCRC) at the Graduate School of Literature and Human Sciences, Osaka City University.

The project is based on the research network of scholars who investigate the marginal social groups of early modern and modern Japan at Osaka City University and Yale University. The comparative study of Japan and other areas of Asia will deepens one’s understanding of the groups that were socially marginalized in each country as well as the particularities and commonalities of local societies in different parts of the non-Western world. Consequently, the research network has been expanded to include researchers who study the early modern and modern history of China, South Asia and the Middle East. Thus, the aim of the network is to promote a comparative discussion of modernity in different parts of the non-Western world and to create a new international research network. Accordingly, the aim is to bridge the gap in the historical methodology between Japan and the Western tradition. In this project, young researchers in Japan are provided with the opportunity to conduct research at Yale University, National University of Singapore (NUS) and Shanghai University for a period of over 300 days. Furthermore, young and senior researchers from these universities are invited to Osaka City University.

In addition to the information of seminars and international symposiums, this website provides content of research that is related to the social and urban history of Japan and other areas of Asia in the early modern and modern period. The aim is to share the results of this project with researchers in related fields.


本事業の概要

本WEBサイトは、2017年10月に日本学術振興会の「頭脳循環プログラム」の事業として採択された事業の活動を紹介するものです。本事業の課題名は「周縁的社会集団と近代―日本と欧米におけるアジア史研究の架橋」(Marginal Social Groups’ Experiences of Modernity: Building Bridges between Historians of Asia in Japan and the West )であり、2020年3月までの約2年半にわたって取り組まれる予定です。*

*なお、本事業は2018年4月からは「国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業」にもとづく課題として、あらためて進められることになりました。

本事業は、大阪市立大学とイェール大学の間で長年にわたって取り組まれた、日本史分野での周縁的社会集団の近代化に関する研究交流を基礎に構想されたものです。多様な社会集団が自ら多くの史料を残す日本社会の特徴をアジア諸地域の近代化と比較することで、相互に周縁的社会集団のみならず、諸地域社会の特質を自覚することが可能になると考えたのです。そのため、日本と海外(主に英語圏)それぞれの日本史研究者、アジア史研究者の「四者共同」型の新たな国際共同研究ネットワークを構築しようとするものです。

本事業では、日本の日本史・アジア史の若手研究者がイェール大学やシンガポール国立大学(NUS)、上海大学に、各人合計300日以上の長期の在外研究に従事します。こうした若手研究者の在外研究と海外連携研究者の招へいを中心として、大阪市大と海外連携先の間に有機的な国際研究ネットワークを構築し、日本と欧米圏のアジア史研究の新たな架橋を目ざします。

本事業は、大阪市立大学大学院文学研究科や都市文化研究センター(UCRC)の中核的な事業です。

 本WEBサイトでは、この事業にもとづく学内セミナーや海外セミナー、国際シンポジウムなどの内容のほか、日本の近世~近代の社会集団史や都市史、あるいはオスマン帝国の社会史などに関わる研究コンテンツを随時、公開し、関連する分野の研究者にも本事業の成果を発信、公開し、広く共有することを目ざしています。

 世界中の多くの研究者の皆さんのアクセスを期待しています。