本科、研究生院

北村昌史

Researchers
Researcher NameMasafumi Kitamura
Web site
AffiliationOsaka City University
SectionGraduate School of Literature and Human Sciences Philosophy and History Course
JobProfessor
Degrees
  • Kyoto University Hakase(Bungaku)
Other affiliation
  • 大阪市立大学 文学研究科 教授

Research interests

ベルリン社会史 ブルーノ・タウト 文化の国際交流史, 近現代ヨーロッパ社会史, Architectual history, German history, European history

Research areas

  • Humanities & social sciences / History - Europe/America

Research experience

  • - Present: 大阪市立大学 文学研究科 教授
  • - Present: Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences 教授
  • - : Osaka City University
  • - : Niigata University, Faculty of Education Faculty of Education
  • - : Associate Professor, Faculty of Education,
more(13)

Education

  • : Kyoto University 文学研究科
  • : Kyoto University Graduate School, Division of Letters Division of History, Western History
  • : Kyoto University Graduate School, Division of Letters Western History
  • : Kyoto University Faculty of Literature Division of Western History

Committee memberships

  • - Present: 機関紙『ゲシヒテ』編集委員 ドイツ現代史研究会
  • - Present: 『西洋史学』編集委員 日本西洋史学会
  • - Present: 『西洋史学』編集委員 日本西洋史学会
  • - Present: Delegate The society of histrical research
  • - Present: 評議員 史学研究会 史学研究会
more(8)

Awards

  • : The TIMR Fujita Award(The Tokyo Institute for Municipal Reaearch

Published papers

  • 三月革命後ベルリンにおける住宅改革と市民社会――ベルリン公益的建築協会と労働諸階級福祉中央協会
    北村昌史
    西洋史学 267 16 -35
  • ブルーノ・タウトのジードルングと大阪市立大学のモダニズム建築群(特集:建築から歴史を語る――ドイツ現代史学会第41回シンポジウム)
    北村昌史
    ゲシヒテ 12 52 -62
  • 建築から歴史を語る――趣旨説明(特集:建築から歴史を語る――ドイツ現代史学会第41回シンポジウム)
    北村昌史
    ゲシヒテ 12 45 -51
  • トルコ共和国におけるブルーノ・タウト
    北村昌史
    フェネストラ 京大西洋史学報 2 6 -11
  • 嫌われた住宅地の社会史——ブルーノ・タウト設計「森のジードルング」
    北村昌史
    大場茂明・大黒俊二・草生久嗣編『文化接触のコンテクストとコンフリクト――EU諸地域における環境・生活圏・都市』清文堂 169 -199
more(29)

MISC

  • Trends in Research on Bruno Taut: Bruno Taut as a Transcultural Architect and Theorist
    Masafumi KITAMURA
    UrbanScope 11 1 -18

Books etc

  • はじめて学ぶドイツの歴史と文化
    南直人, 谷口健治, 北村昌史, 進藤修一
    Joint Editor ミネルヴァ書房 第4章「反動の時代から第二帝政期へ――19世紀中頃~20世紀初頭」68-88および第9章「住からみたドイツ史――木組みの家・賃貸兵舎・モダニズム建築」171-195頁
  • 大学で学ぶ西洋史 2 近現代
    上垣豊, 小山晢, 杉本淑彦, 山田史郎
    Joint work ミネルヴァ書房
  • The movement for housing reform in Germany. Urbanization and civic society in the 19th century
    Single work 京都大学学術出版会
  • ベルリン : 「記憶の場所」を辿る旅
    Steingart Andrea, 谷口 健治, 南 直人, 北村 昌史, 進藤 修一, 爲政 雅代
    Single work 昭和堂

Association memberships

  • The socio-econimic history society
  • The Japanese society of WesternHistory
  • The society of histrical research
  • ドイツ現代史研究会

Research projects

  • ヴァイマル共和国における住宅改革
    ()
  • 近現代ヨーロッパにおける住宅改革の比較史
    ()
  • Housing Problem in 19th Century Europa, AComparative Perspective
  • The Movement for Housing Reform in 19th Century Germany
  • German Social History in the 19th Century