PDFのダウンロード

日時:2010年12月4日(土曜日)午後1時半~4時半

場所:大阪市立大学梅田サテライト 文化交流センター大ホール
〒530-0001大阪市北区梅田1-2-2-600(大阪駅前第2ビル6階)
http://www.osaka-cu.ac.jp/info/commons/access-umeda.html

主催:大阪メディア文化史研究会、大阪市立大学、大阪市立近代美術館建設準備室
共催:京都精華大学

趣旨:
1890(明治23)年に高木貞衛が創業した萬年社は、大阪を代表する企業として、また電通や博報堂と並ぶ日本を代表する広告代理店として繁栄し てきました。1999年に倒産した折に、図書類、引札類、ビデオ・テープ類、紙・文書・印刷資料類からなる膨大な資料は、大阪からの流出を憂いた 有志によって購入されたのち、大阪市立近代美術館建設準備室に寄贈されました。

この萬年社の資料を調査研究する目的で、2008年10月から、萬年社コレクション調査研究プロジェクトが開始されました。戦前・戦中期の広告史 研究を進めてきた大阪メディア文化史研究会が共同研究の母体となり、2009年度より、大阪市立大学を拠点に、大阪市立大学重点研究、吉田秀雄記 念事業財団から研究助成金を得て、資料調査と整理作業、目録作成を進めてきました。さらに、2010年度からは、(株)毎日エス・ピー・シーから の研究寄付金、京都精華大学との共同研究(データベース科研)、MBS高橋信三基金の助成によって、データベース化およびデジタル化の作業を進め ています。

今回のシンポジウムでは、主に2010年度における調査研究プロジェクトの経過を中心にご報告します。

プログラム:
司会:菅谷富夫(大阪市立近代美術館建設準備室)
①萬年社コレクション調査研究プロジェクトの経緯について  土屋礼子(早稲田大学)
②萬年社コレクションの紙・印刷資料の概要と整理状況    竹内幸絵(大阪市立大学)&牧浦裕介
③WEBデータベース公開、ラジオCMの文字化作業     石田佐恵子(大阪市立大学)&畑洋子
④テレビCMのデジタル化と目録データベースの作成     石田佐恵子&山川達也
⑤萬年社コレクション調査研究プロジェクトの今後の課題   土屋礼子

参加無料:事前連絡不要です。
問い合わせ:ishita★lit.osaka-cu.ac.jp(石田佐恵子) ★を@に変えてください。