開催日2019年3月31日(日)13:30〜16:00
会場大阪市立住まい情報センター3階ホール

〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20
Osaka Metro谷町線・堺筋線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目」駅下車3号出口より連絡
JR環状線「天満」駅から北へ徒歩7分
主催大阪市立大学大学院文学研究科
共催大阪市立住まい情報センター

20190331_symposium江戸時代には既に大都市であった大阪(大坂)の街とその周辺を絵入りで描いた記録は、古くは『摂津名所図会』『和泉名所図会』(共に寛政8年/1796)、『河内名所図会』(享和元年/1801)などがあります。

カラー版の記録としては、広重の浮世絵版画「浪花名所図会」(天保5年/1834)が最も早く、また上方浮世絵師国員、芳瀧、芳雪によって描かれた幕末の浮世絵シリーズ「浪花百景」に描かれたイメージは、私たちにとって馴染みの深いものです。

一方、そこで描かれた大阪の街が、時代の変化に伴って絶え間なくその姿を変えながら、今も私たちの生活の場として、あるいは生活の傍らにあることは言うまでもありません。

本シンポジウムでは、大阪という街の昔と今を、「記録」と「記憶」をキーワードとして様々な角度から検討していきます(参加無料/定員100名[申込先着順])。

チラシはこちら(PDF

■パネリスト:

  • 天野景太(大阪市立大学文学研究科准教授、観光学)
  • 酒井裕一(大阪くらしの今昔館ミュージアムボランティア「町家衆」)
  • 菅原真弓(大阪市立大学文学研究科教授、日本美術史・文化資源学)
  • 松井恵麻(大阪市立大学大学院文学研究科、地理学・文化資源学)

■企 画:大阪市立大学文学研究科プロジェクト「大阪の地誌類に関する学際的研究」(大場茂明、菅原真弓、天野景太、松井恵麻)

参加費:無料

■定 員:100名(先着順)

■お申込み方法:

郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を明記して、郵送にて下記の宛先までお申込みください。参加証は送付しませんので、参加お申し込み後、特に連絡がない場合は直接会場にお越しください。
また「住まい・まちづくり・ネット」からもお申込みいただけます。申込みフォームより必要事項をご記入の上、お申込みください。

■注 意:

※このセミナーは、当日午前10時30分の時点で「暴風警報」が発令されている場合は、中止とさせていただきます。
※お申込みにあたっていただきました個人情報は、この事業に関する連絡のみ利用させていただきます。

■お申込み・お問い合わせ:

〒558−8585大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学大学院文学研究科
菅原真弓(アジア都市文化学専攻、2019年度より文学部文化構想学科)
e-mail:sugawara[at]lit.osaka-cu.ac.jp([at]を@に変えて送信してください)