International School

Home > おしらせ > 授業 > IS集中科目

IS集中科目

インターナショナルスクール集中科目2019 国際社会都市論Ⅰ

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • IS集中科目
    • 授業

インターナショナルスクール集中科目2019 国際社会都市論Ⅰ

開催日2019年9月24~27日

インターナショナルスクール集中科目(学部と前期博士課程の共通科目)は、国際社会や比較文化・都市をテーマとする講義を英語で聴き、内容に関するグループ討議や質疑応答を英語でおこなう授業です。異文化理解のための多角的な視点を学ぶ機会として、また英語でのディスカッションを経験するのにも最適なプログラムです。今年度は「国際都市文化論Ⅰ」として、以下の内容で開講されます。講義資料等は、当日配布します。

対象:学部2~4年、前期博士課程(文学部・文学研究科以外も履修可能)

講師: MA Ran/馬然 (Nagoya University; E-mail :maran[at]nagoya-u.jp)

Synopsis:

In this fast-changing, ever globalizing world, the life and existence of human beings are to great extent defined by the urban condition they are enmeshed within and struggling with. This graduate-level seminar attempts to survey major urban issues and cultural topics in modern societies by engaging with a wide spectrum of cultural texts drawn from films, literary works as well as architecture; in case studies, particular attention is paid to the social context and cities in Asia. City will not only be simply explored as the theme or ambience featured in these texts, following our adventure of “entering” the city, with the socio-historical dimensions of urban space theoretically surveyed, we shall direct our attention to the urbanites and their mental life. Finally, the seminar will position the study of urban culture within the heated discourses and debates on globalization. Departing from observations upon Asian metropolises, students are expected to debate and discuss cinematic texts in relation to the urban condition of local, regional and global scales. Through the seminar, students will learn to approach and critique the cultural space of cities by utilising key concepts drawn from various theoretical perspectives such as cultural studies, visual culture and sociology.

Session 1

READING SESSION: CITY AS CULTURAL TEXT

Required Reading

Donald Richie, Tokyo: A View of the City, London, England: Reaktion Books, 1999,11-16

Walter Benjamin, “Paris, the Capital of the Nineteenth Century”, 1935

NOTE: Students are expected to read the assigned texts before the intensive lectures start.

Session 2

ARRIVING IN THE CITY: SPACE, EVENT AND CINEMA

Required Reading

Yomi Braester, “Arriving in the City; Touring the City; Watching the City”, Cinema at the City’s Edge: Film and Urban Networks in East Asia. Yomi Braester, James Tweedie, eds., Hong Kong University Press: 2010.

Mark Shiel. “Cinema and the City in History and Theory”, Cinema and the City: Film and Urban Societies in a Global Context, ed. Tony Fitzmaurice and Mark Shiel, 2001

Film for discussion: Sans Soleil, Dir. Chris Marker, 1983

(also refer to Tokyo-ga, Dir. Wim Wenders, 1985)

Session 3

HAUNTING CITIES: THE UNCANNY AND THE GHOSTLY 

Required Readings

Dudley Andrew, “Ghost Towns”, Cinema at the City’s Edge:  Film and Urban Networks in East Asia. Yomi Braester, James Tweedie, eds., Hong Kong University Press: 2010.

Freud, “Uncanny”, 1919

Tweedie, James. in “Morning in The New Metropolis: Taipei and the Globalization of City Film,” Cinema Taiwan: Politics, Popularity and State Of The Arts, edited by Darrell William Davis and Ru-shou Robert Chen, Routledge, 2007, p116-130

Film for discussion: TBA.

Session 4

THE DISAPPEARING CITY: RUINS & MONUMENTS

Required Reading

Sheldon H. Lu, “Tear Down the City: Reconstructing Urban Space in Contemporary Chinese Popular Cinema and Avant-Garde Art”, The Urban Generation: Chinese Cinema And Society At The Turn Of The Twenty-First Century, eds. Zhang Zhen, 2007

Film for discussion: 100 Flowers Hidden Deep, Dir.:Chen Kaige (available at YouTube); TBA

Session 5-6 (time of film screening included)

FLÂNEUR AND STRANGERHOOD: ROAMING IN THE CITY 

Required Readings

Georg Simmel, “the Stranger”

Also available online at: http://midiacidada.org/img/O_Estrangeiro_SIMMEL.pdf

Linda Chiu-Han Lai, “Whither the Walker Goes: Spatial Practices And Negative Poetics In 1990s Chinese Urban Cinema”, The Urban Generation: Chinese Cinema And Society At The Turn Of The Twenty-First Century, eds. Zhang Zhen, 2007

Walter Benjamin, “On Some Motifs on Baudelaire”

Homework Viewing: Suzhou River, Dir. Lou Ye, 2000

Session 7

CIRCULATING IMAGES IN THE GLOBAL ERA: INTERNATIONAL FILM FESTIVAL NETWORK

Required Readings

Julian Stringer, “Global Cities and International Film Festival Economy,” Cinema and the City: Film and Urban Societies in a Global Context, ed. Mark Shiel and Tony Fitzmaurice, London: Blackwell, 2001, 134–44

Thompson, Kristine & Bordwell, David, 2010. “Toward a Global Film Culture”, Film History: An Introduction, McGraw-Hill Higher Education, p694-712

Session 8

THE SPACE OF POLITICS & THE POLITICS OF SPACE IN THE ERA OF GLOBALIZATION—THROUGH THE LENSING OF CINEMA

Butler, Judith. “Bodies in Alliance and the Politics of The Street”, Sensible Politics: The Visual Culture of Nongovernmental Activism. Meg McLagan and Yates McKee. MIT Press. November 2012, p117-137

Chee Lilian & Lim Edna. 2015. “Asian Films and The Potential Of Cinematic Space”, in Asian Cinema and the Use of Space: Interdisciplinary Perspectives, edited by Chee Lilian & Lim Edna, Routledge

NOTE: Group Presentation Session

 

インターナショナルスクール集中科目2017 国際都市文化論Ⅰ

  • Date :
  • Category :
    • IS集中科目
    • 授業

文学部・文学研究科共通科目 国際都市文化論Ⅰ

開催日2017年9月26日(火) 27日(水) 28日(木) 29日(金)

インターナショナルスクール集中科目(学部と前期博士課程の共通科目)は、国際社会や比較文化・都市をテーマとする講義を英語で聴き、内容に関するグループ討議や質疑応答を英語でおこなう授業です。異文化理解のための多角的な視点を学ぶ機会として、また英語でのディスカッションを経験するのにも最適なプログラムです。今年度は「国際都市文化論Ⅰ」として、以下の内容で開講されます。講義資料等は、当日配布します。

 

対象:学部2~4年、前期博士課程(文学部・文学研究科以外も履修可能)

前期・集中講義:2017年9月26日(火)、27日(水)、28日(木)、29日(金)2~5限(最終日のみ4限まで)

 

9月26日・27日

講師:Lai, Wei Ling(名古屋大学教養教育院准教授)

講義タイトル:How to Build a Clear and Convincing Research Idea (明晰で納得できるリサーチアイデアを構築する方法)

(1) Academic Writing and Logical Thinking

(2) Building a Clear Research Idea

(3) Developing a Convincing Support for Your Idea

(4) The Secret of Building a Logical Argument

 

9月28日・29日

講師:Langley, Raymond(大分大学福祉健康科学部准教授)

講義タイトル:Culture and Psychology(文化と心理学)

This course will explore how we can better understand human behavior, thought, and feeling by taking into account the role of culture. This perspective has become increasingly important in research in the 21st century. The influence of culture extends from the basic processes of perception to our very sense of self; therefore, one can argue that conclusions based on studies done within only one culture may not apply to other cultures. In other words, a finding that seems true for all humanity may turn out to be true only for humans of a certain culture. In this light it is remarkable that so many foundational studies in psychology were conducted with participants from only one culture, often the US. In this class, we will study the interaction between culture and psychology. We will look at topics such as how culture influences perception, independent and interdependent construals of self, the role that culture plays in attributing both success and motivation, the Sapir-Whorf hypotheses, bilingualism, and culture and cognition. Perspectives from brain sciences will be included. In addition to lectures and academic readings, I would like for the students to reflect upon and discuss their own experiences with different cultures and languages.

References:

People: Psychology from a Cultural Perspective. Matsumoto, David. Brooms/Cole, 1994

Culture and Psychology. Matsumoto, David and Juang, Linda. Australia: Wadsworth, Cengage Learning, 2013

文化心理学〈上〉心がつくる文化、文化がつくる心 (心理学の世界 専門編)、増田貴彦、山岸俊男、2010.

(1) Overview of the relationship between psychology and culture, how to define culture, why do we need to think about culture in psychology

(2) Cultural psychology research methods

(3) Culture and self-construal

(4) Culture and attribution, the fundamental attribution error, locus of control

(5) Culture, perception, and cognition

(6) The relation between language, culture, and thought: The Sapir-Whorf hypothesis

(7) Bilingualism

インターナショナルスクール集中科目2016 比較文化交流論II

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • IS集中科目
    • 授業

文学部・文学研究科共通科目 比較文化交流論II

開催日2016年9月26日(月)、27日(火)、28日(水)、29日(木)

インターナショナルスクール集中科目(学部と前期博士課程の共通科目)は、国際社会や比較文化・都市をテーマとする講義を英語で聴き、内容に関するグループ討議や質疑応答を英語でおこなう授業です。

異文化理解のための多角的な視点を学ぶ機会として、また英語でのディスカッションを経験するのにも最適なプログラムです。今年度は「比較文化交流論II」として、以下の内容で開講されます。

 

対象:学部2~4年、前期博士課程(文学部・文学研究科以外も履修可能)

前期・集中講義:2016年9月26日(月)、27日(火)、28日(水)、29日(木)1~4限(最終日のみ3限まで)

講義のくわしい概要はこちら→2016IntensiveClass

講義ポスターはこちら→ComparativeCulturalExchange2

2015年度「比較文化交流論I」

昨年度(2015)IS集中科目「比較文化交流論I」でのグループ・ディスカッションの様子

 

9月26日・27日

講師:Langley, Raymond(大分大学文学部准教授)

講義タイトル:Culture and Psychology(文化と心理学)

 

9月28日・29日

講師:小野原 教子(兵庫県立大学経営学部准教授)

講義タイトル:Japanese Fashion as Contemporary Global Culture (グローバル文化としての日本ファッション)

 

★事前の配布資料などについては、開講の1週間ほど前から配布する予定です。大学のポータルサイト等を確認してください。

インターナショナルスクール集中科目2015 比較文化交流論Ⅰ

  • Date :
  • Category :
    • IS集中科目
    • 授業

2015年度 インターナショナルスクール集中科目

文学部・文学研究科共通科目 比較文化交流論Ⅰ

対象:学部2~4年、前期博士課程
前期・集中講義:2015年9月15日(火)、16日(水)、17日(木)、18日(金)1限~4限

講義の概要(英語)はこちら→2015IntensiveClass


9月15日・16日

講師:Ma Ran(マ ラン)(名古屋大学准教授)

講義タイトル:City Culture and Cinema: a Critical Trip into Today’s East Asia


9月17日・18日

講師:山根 和代(やまね かずよ)(立命館大学准教授、国際平和ミュージアム副館長)

講義タイトル: Global Issues and the Rapprochement of Cultures


intensive-course2015

インターナショナルスクール集中科目2012 国際都市文化論Ⅱ

  • Date :
  • Category :
    • IS集中科目
    • 授業

文学研究科・文学部では、インターナショナル・スクール集中科目として9月18~20日の日程で集中講義「国際都市文化論II」を開講します。

集中講義では午前中に外国人招聘研究者による講義が実施され、午後には文学研究科の大学院生等による研究発表と招聘講師によるレクチャー・ディスカッション(基礎的内容の双方向型授業)、さらに「アカデミック・コミュニケーション演習」受講者によるベーシックプレゼン(基礎的な英語によるプレゼンテーション)が行われます。講義・研究発表ともに英語で行われ、質疑応答も原則として英語で行われますが、午前中の講義には日本語による詳しい解説がつきます。また、午後のプログラムでも適宜日本人教員がサポートしますので、英語力に自信のない人でも心配はいりません。文学研究科・文学部の専門にかかわる内容の授業を英語で受けることのできる貴重な機会です。履修登録の有無に関わらず、ぜひ参加してみてください。

*なお9月はじめには講義と研究発表の本文を収録した予稿集がIS事務局で配布されます。事前の準備にお使いください。

詳細

チラシ

当日の内容:Compilation of papers

インターナショナルスクール集中科目2007 国際都市社会論Ⅰ

  • Date :
  • Category :
    • IS集中科目
    • 大学院GP
    • 授業

インターナショナル・スクール  集中講義「国際都市社会論Ⅰ 比較都市論の試み」

2007年9月26日(水)~9月28日(金) 全学共通教育棟8号館816号室 当日のようすはこちら

公式サイトはこちら。英語版[English version]はこちら[Click here]

◆ 趣旨 ◆

インターナショナル・スクールは、「都市文化研究センター」に附属する教育組織として、平成15年度に設置されました。活動の目的は、センターに関わりの深い世界各地の著名な研究者を招聘して、都市文化研究センター研究員や院生・学生を対象に世界レベルで国際的な研究教育を推進することにあります。今回は3名の研究者を招聘し、文学研究科の若手研究者も含めて、人文社会科学のさまざまな角度から「都市文化学」の構築へ向けた挑戦を試みたいと思います。授業形式は、午前に外国人招聘講師による英語の講義が「神戸女学院大学現代GP」のご協力による同時通訳付きで行われ、午後も若手研究者が英語で研究発表を行います。狙いが国際的なアカデミック・コミュニケーション能力の向上にあることは言うまでもありません。みなさんの積極的な参加を期待しています!

【9月26日 (水)】
9:30-10:00 基調講演 谷富夫(大阪市立大学文学研究科長)
神戸女学院の紹介 添田晴雄(大阪市立大学文学研究科)
10:00-12:00
講義
廖炳惠先生(台湾清華大学)
中国近現代文学におけるメタファーとしての天候
13:00-16:00
研究発表
城山拓也(中国語中国文学)
「中国のモダニズム作家、穆時英の文学について」
中條健志(フランス文学)
「フランスの「マグレブ人」と多文化主義」
奥野みち子(英語英米文学)
「トニ・モリスン『パラダイス』とエウリピデス-ギリシア悲劇から見た超自然現象と女のトラウマ」
【9月27日(木)】
10:00-12:00 講義 ディビッド・ウィリス先生(相愛大学)
「日本における文化フロンティア―移民、教育、クレオール化―」
13:00-16:00
研究発表
高智富美(社会学)
「マルチエスニック・コミュニティにおける民族関係 ―大阪府八尾市を事例として」
本岡拓哉(地理学)
「戦後神戸市における不法占拠地区撤去の社会空間的過程」
熊谷美香(地理学)
「東京・京阪神大都市圏における国籍・ジェンダーによる居住分化」
【9月28日(金)】
10:00-12:00
講義
ダニエル・ボッツマン先生(ノースカロライナ大学)
「人身売買からの解放? 19世紀日本における―マリア・ルス号事件と解放の問題」
13:00-16:00
研究発表
久角健二(日本史)
「近世柳井の市と地域社会」
斉藤紘子(日本史)
「近世畿内の村と領主支配 ―和泉国伯太藩下泉郷を事例に」
貝原哲生(西洋史)
「6~7世紀アレクサンドリアにおける騒乱の再考察―総主教の役割を中心に」

*若手研究者の発表時間:1人 30分程度。

午前(9:30-12:00):外国人講師による講義(使用言語は英語)
神戸女学院大学現代GPスタッフによる同時通訳

午後(13:00~16:00):UCRC研究員等による研究報告と討論の使用言語は英語、一部通訳

 

インターナショナルスクール集中科目2007のようす

  • Date :
  • Category :
    • IS集中科目
    • 大学院GP
    • 授業

2007年9月26日から28日の三日間、本年度のインターナショナルスクール「国際都市社会論Ⅰ」が開講されました。お迎えした3名の先生方をはじめ、大学院生、学部生、本学教員も多数参加し、英語による最先端の研究発表と活発な討論が展開されました。


当日のプログラムの詳細はこちらもご参照ください。

初日は、廖炳惠先生(台湾清華大学)のご講演に引き続き、城山拓也、中條健志、奥野みち子の3氏による発表がありました。それぞれの発表者にたいして、廖先生から、論文作成にさいしての「三つのF(Frame, Find, Field)」の重要性について、貴重なご助言がありました。

二日目は、ディビッド・ウィリス先生(相愛大学)のご講演を受けて、高智富美、本岡拓哉、熊谷美香の3氏が、主として社会科学の領域から、エスニシティーやジェンダーなどをめぐる「共生」の問題について発表しました。ウィリス先生が示された現代日本における文化的多様性の議論は、各発表者の研究の深化に非常に有益なものになると思われます。

最終日は、ダニエル・ボッツマン先生(ノースカロライナ大学)のご講演と、久角健二、斉藤紘子、貝原哲生の3氏による発表がありました。ボッツマン先生からそれぞれの発表者によせられた講評は、対象とする地域や時代の差を超えて、今後歴史研究を深めるための大きな一助となるでしょう。

最後に、3日間のインターナショナルスクールの期間、すばらしい同時通訳で講演者の先生方、各発表者および参加者の相互理解を助けて頂いた、神戸女学院大学の皆さんに心よりの御礼を申し上げます。

(ご講演および研究発表については下記アドレスに発表原稿を掲載しておりますので、こちらをご参照下さい。

上に戻る