学部

 
TOP 大阪市立大学 文学部/文学研究科

概要

 

広範な地理学の諸分野を見通すために、「都市・経済」「文化、社会、政治」「地理情報システム」の3つの専門領域を学習の基本軸として設定し、人間の生活と行動に関わるさざまざな要素を幅広く知るためのカリキュラムが用意されています。

1回生の「人間行動学概論」は、人間行動学科の学問に対する基本的な考え方と各コースの学問の基礎的手法を身につけることを目的としています。

2回生では、「地理学概論Ⅰ・Ⅱ」「地誌学Ⅰ・Ⅱ」で地理学・地域研究の特質を学ぶとともに、「地理学実験実習Ⅰ・Ⅱ」「地理学野外調査実習Ⅰ・Ⅱ」を通じてインドア・ワーク(室内での地形図・空中写真などの読図と計測、コンピュータを用いた情報処理技術)とフィールド・ワーク(数日間にわたる野外での計測・資料収集・インタビューなど)の訓練を受けます。また、「地図学」では地図の発達史や測量技術の基礎を、「地理情報学」では近年注目されている地理情報システム(GIS)などに関する最先端の研究課題と方法を学びます。

3回生では、「地理学講読演習」で外国語論文の読み方と専門用語についての知見を深め、「地理学演習」によって地理学界の最先端の研究動向と研究方法とを国内・海外の文献を通じて習得するとともに、各自が関心を持っている研究テーマに即して報告を行い、その内容を全員で議論します。また、「地理学特講」については、非常勤の先生による講義も少なくないので、2回生以上の方は学年を問わず積極的に受講してください。

4回生は「卒業論文」の作成が中心となります。本コースでは専門領域別にみっちりときめ細かな「卒業論文演習」を実施しています。

さらに、授業以外でも適宜「巡検」を実施しています。「巡検」は、コースに所属する教員・大学院生・学部学生がキャンパスを離れて実際に「地域」や「景観」を観察し、現地でディスカッションを行うもので、地形図の読図力や野外観察の眼を養うことを目的としています。巡検の際には、3回生があらかじめ見学予定地に関する資料集を作成し、現地での情報収集や観察が効率よく行えるよう準備しています。

とくに野外調査による観察とデータ収集の重視は、本学「地理学コース」の創設期以来の伝統的特色といえます。近年発達のめざましい情報処理技術についても、最新のデジタル・マッピング、地理情報システム(GIS)設備、地図室などを擁しています。あわせて地理学コースには、情報処理室、製図室、情報資料室など、教材・測定設備・コンピュータを備えた実習室と大学院・学部学生の指導室(各1室)があります。

また、常に学界の最新の研究動向と研究技術を教育の中にとり入れるよう心がけ、少人数クラスによる演習、実習でみっちりと実力を養うことを目ざしています。

学部生紹介

 

4回生

青陰 麻那新 雄一郎大谷 真樹大西 実里
大畑 恭子尾本 由茉梶本 千尋重盛 万葉
鈴木 まゆ徐 尚佑千原 佐和中西 広大
深江 祐樹森南 直汰鷲尾 隆道 

3回生

秋山 大海一谷 沙良上田 淳王 佳儀
佐藤 璃奈瀧口 都内藤 遼西川 祐大
貫名 隆洋姚 亚明若林 萌 

2回生

市後 恭佳宇山 美思大住 みのり岡本 理子
景山 明日香鴨河 貴澄倉田 英法栗田 汐里
武田 直之竹中 稜名倉 菜摘西村 陽平
福田 真由福田 瑞月村上 ひかる吉田 拓真

過去の卒業論文

 

2016年度 卒業論文

玉井 望美信楽陶磁器産地における現代の変化への対応
堀名 野乃佳兵庫県豊岡市の鞄製造業における新たな取り組みと課題
明神 幸高知県土佐市における文旦栽培
中村 桃華バター不足からみる生乳需給バランス
坪本 実咲訪日外国人観光客の激増に伴う民泊事業の実態と地域の変貌-大阪市新今宮駅界隈を事例として-
兼高 宏希西成区の歴史的変遷と地域イメージ
本河 優斗地方創生時代における住民主導の地域づくり-和歌山県有田川町を事例として-
北山 ひろみ人のつながりが生む粉浜商店街の魅力 -現状の分析を通じて-
口開 大地日本におけるコミュニティサイクルの運用と課題-さかいコミュニティサイクルを事例にして-
飯島 立樹交通システムの変化が駅前商店街に与える影響について-広島市横川駅前地域を事例に-
桝屋 知基地域ブランドにおける地名選択と生産過程における空間スケール
豊田 崚京都錦市場における観光ガイドブックの意図と現場で商売する側の意図との差異
池田 朱里祭礼の継承と地域コミュニティのつながりの強化-流し節正調河内音頭を事例に-
竹村 ふみ日本で暮らす日本人ムスリマのコミュニティの特徴
服部 楓地理的犯罪データ分析の防犯活動への活用可能性
中山 知香保育所の需要と供給を考慮したアクセシビリティ指標算出の研究-豊中市を事例に-

2015年度 卒業論文

藤田 梨花「大阪産(もん)」からみる都市近郊農産物の空間的広がり
喜多 美月獣肉利活用は獣害対策に貢献するのか ―三重県みえジビエを事例として―
織田 菜月町並み保存地区における外国人観光客受け入れ
―長野県南木曽町妻籠宿を事例として―
尾崎 瑞穂中心市街地活性化におけるコミュニティビジネスの役割と意義
―和歌山県和歌山市を事例として―
塩谷 香恵映画製作がもたらす地域への影響 ―奈良県大和郡山市を事例に―

2014年度 卒業論文

森 愛莉 みなべ町から見る梅産業
村田 諒 紀州備長炭生産を存続するために
-後継者育成と原木林管理に着目して-
金 恵里 京扇子にみる分業構造の変化
宮本 徳之京都市における屋外広告物規制
-規制執行者と被規制者の目線から-
前田 彩花カフェに対する韓国の大学生の空間認識
-韓国外国語大学校・韓神大学校を事例に-
池田 愉歌ビントゥル都市部およびその周辺地域におけるスクォッター集落
-開発による拡大と住民移転の動き-
中道 陽香大阪・中崎町の古着店集積-隠れ家的な街と店の性質-
御前 真琴富山市八尾町の観光まちづくりにおけるアートプロジェクトとアーティストの役割
奥野 寛央闘犬の観光化と衰退-闘う動物へのまなざしの功罪-
野村 美穂徳島県勝浦郡における廃校活用と「地域性」
-体験宿泊施設としての廃校活用に注目して-
武村 昂英コンテクストデザインによる温泉地活性化の可能性
-鳥取県三朝温泉を事例として-
笹尾 健二山陰海岸ジオパークにおけるウェブサイトを用いた情報発信の在り方に関する研究
宗像 玄徳災害時要援護者情報の収集と活用
-都市部における行政と地域の役割に関して-

2013年度 卒業論文

岩神 幸平 エルサレム旧市街における歴史的建造物の保全と住民生活支援
高田 ちえこ 居住型ゲストハウスの実態とその居住者のコミュニティの特質 
―大阪府大阪市西成区を事例として―
田上 広樹 介護保険制度の導入と改正に伴うデイサービスセンターの立地の変化 ―大阪府吹田市・豊中市を例に―
松田 苑生 重要伝統的建造物群保存地区における空き家対策の現状と課題 ―奈良県橿原市今井町を事例として―
松木 駿也 雲仙普賢岳平成噴火災害後の災害遺構の観光地化
―「負の遺産」・ジオパーク・ガイドに注目して―

2012年度 卒業論文

吉川 絢 創造地区形成への取り組み―沖縄クリエイターズビレッジ事業を事例として―
五十嵐 大輝 主要産業の動向に見る工業地域周辺部の変容―大阪府貝塚市西葛城地区を事例として―
黒田 浩朗 B級ご当地グルメを取り巻く環境―大阪府高槻市を事例として―
早田 有杏沙 町並み保存地区における着地型観光の可能性―徳島県美馬市脇町を事例にして―
堀之内 龍一 台風接近時の雨量分布特性と台風経路の関係―近畿地方南部を事例として―
杉本 順也 大阪におけるため池の維持管理に関する研究―ため池オアシス構想を例に―

2011年度 卒業論文

石貫 裕子 棚田保全活動の効果と現状
―大阪府の長谷の棚田と下赤阪の棚田を事例として―
阪口 巧也 地域における「ゆるキャラ」の創造と活用
―東大阪市石切の「いしきりん」を事例に―
坂中 里名 学校選択制における選択基準の地理的要因
―東京都足立区を事例に―
出水 束 地場産業を活用した地域活性化への取り組み
~倉敷市児島ジーンズ産業を事例として
西岡 美樹 「『共生』の真実~外国人集住地域における地域の変容~」
―東京都新宿区・大久保地域を事例に―
本多 あずさ 在日ベトナム人の移住から見た定住
―神戸市長田区を事例として―
山田 耕 登録文化財制度を活用したまちづくりの実態と展望
~貝塚寺内町を事例として~
山本 達也 町屋店舗を活用したまちづくり
―京都市中京区を事例として―
若井 裕 「緑の雇用」による「条件不利地域」への定着に向けて
―和歌山県林業事業体の実態分析を事例に―
和田 崇宏 限界集落化における諸要因と限界集落の今後
―京都府綾部市「水源の里」集落を事例にして―

2010年度 卒業論文

酒井 宇紀 堺の打ち刃物産業
~分業という観点から見た地場産業の構造~
山田 恭平 場所の記憶に関する住民意識
―沖縄県沖縄市(旧コザ市)の元Aサイン店を事例にして―
石田 萌 嵯峨鳥居本地区の町並み変遷
権田 裕士 風力発電の展開と問題
―淡路島の事例を中心として―
迫田 和佳子 地域での防犯活動による領域性の強化について
―大阪府八尾市の地域活動を事例に―
中山 和哉 伊丹空港と周辺地域の関係性の変化
米倉 数昌 新興住宅地のコミュニティ形成におけるイベントの意義
―星田山手地区「山ナリエ」を事例として―
今井 藍子 和歌山県新宮市を事例としたIターン者の移住実態 今後の受け入れにむけて

2009年度 卒業論文

岩崎 仁美 ショッピングモール建設が若年女性の消費行動に与えた影響 ―イオンモール橿原アルルを事例として―
植島 裕貴 堺市におけるコンビニエンスストアの立地展開
島崎 雄貴 過疎山村における高齢者の生活維持とモビリティ ―和歌山県新宮市熊野川町の事例から―
上甲 満洋 沖縄県那覇市の中心市街地における通りの変容 ―沖映・浮島・桜坂・桜坂中通りを事例として
長谷川 仁美 播州地域における手延素麺製造業に関する研究
好永 麻美 熊野本宮大社周辺における世界遺産登録後の観光動向の変化
渡辺 久実子 岡本地区における住民主体型景観まちづくりについて

2008年度 卒業論文

竹田 薫 温州みかんの地域ブランドとしての定着
―有田市を事例として―
仲埜 智也 堺市における分譲マンション供給の特徴
舩槻 信也 郊外地域における大型店の立地に伴う中心商店街の商業機能の変化―京都市伏見区を事例として
外園 しおり 東住吉・駒川商店街の活性化とコミュニティ社会
森山 隆行 市電のある地方都市の都市構造と交通の役割に関する考察―特に熊本市を事例として―
若原 泰 大型総合スーパーの立地とコンビニで扱われる低価格商品の品目数について
辻野菜穂 沖縄県沖縄市旧コザ地区における「基地の街の記憶」と地域解釈
和田 真理子 都祁における「山」信仰

2007年度 卒業論文

池田 裕亮 産業の盛衰にともなう町並みの変遷 -湯浅町湯浅における醸造町を事例として-
角口 明子 神戸北野・山本地区における、観光を活用した文化財の保存
北岡 弘康 市町村名の定着 -3地域を事例に
田立 あゆみ 聖地の観光化 -沖縄県久高島を事例に-
津川 真由子 ホームレス自立支援・脱野宿の中間施設は終に棲家か仮の宿か -居場所とは-
西村 翠 「沖縄移住ブーム」の成り立ちと現状 -石垣島を事例として
野田 織栄 脱野宿・アフターフォローの最前線 -見守り、関係性の構築、自立とは何なのか?-
野呂 貴司 機械・金属工業による丹後地方の活性化
山田 真梨子 奈良町のサウンドスケープと音の観点からのまちづくりの提案 ~仕事の音を事例に~
渡邉 智子 御堂筋のブティック街から見る大阪の都市イメージの変化
荒川 琢朗 伝建以前の町、伝建未満の町 ~姫路と枚方の対比から~
中川 知春 大阪市街図を事例とした近代民間地図デザインの変遷
清水 文子 新潟県中越沖地震後の瀬波温泉における風評被害
小越 美鈴 日本の里地里山型エコツーリズムの現状と課題―滋賀県湖西地区を事例に―
小坂 倫代 神戸旧居留地における夜間照明景観
谷野 礼佳  山村留学制度が地元に与える効果―千早地区の山村留学を例に―

2006年度 卒業論文

新武 佑子 直島(香川県直島町)における文化施設の立地による影響
豊島 早苗 震災モニュメントと記憶
田辺 亜矢子 商品としての神戸旧居留地
平井 美穂子 京野菜のブランド化推進事業と新興栽培地の形成ー京丹波町和知におけるみず菜栽培ー
伊藤 真平 大阪府における海水浴場の変遷とその風景
青木 翔平 富山ライトレールにみる日本におけるLRTの可能性

2005年度 卒業論文

岩木 拓也 市町村合併 -広島県豊田郡瀬戸田町を事例に-
清水 文子 大阪市立大学生の日常行動
清水 友香 大阪府北摂地域におけるマンション開発と居住者の意識 -大阪市都心地区と比較して-
田中 靖記 EU政策“URBANⅡ”からみた都市再生事業の展開 -ドイツ・ドルトムントの地区マネージメント事務所を通じて-
中西 慧 都心部での小学校跡地利用について
横尾 篤志 京都府船井郡日吉町における観光とまちづくり
伊藤 良 情報化による商店街活性化
臼井 泰子 ライブハウスの存在意義 -大阪のライブハウスを事例として-
太田 真仁 棚田オーナー制度と観光活性化 -明日香村を事例にして-
金武 正仁 JR東西線開業と新駅設置による大阪市西淀川区及び淀川区加島地区の変化 -JR東西線御幣島と加島駅を事例として
山西 麻依 野宿生活者施策と支援運動の関係性の展開とその変容 -川崎市と大阪市の支援組織を事例としてー
福田 淳 日本における『大麻』をめぐる言説と生産地域との関係性

2004年度 卒業論文

佐藤 聡 新聞記事における新世界について
松下 訓子 大阪府におけるスーパー銭湯の立地と現況
黒岡 千晶 和歌山県新宮市における御船祭の構成と地域との関わり
嶋本 藍香 伊勢市内宮鳥居前町のまちづくり
日野 智予 幼い子を抱えた新規移民によるエスニックネットワークと近隣ネットワークの活用ーカナダ・トロント、South Parkdale地区の事例ー
前垣 瑞生 通天閣に込められた意味と大阪の表象
ー映画『王手』を事例にー
奥 かおり 南港と港湾開発
川崎 那恵 「地域」と記憶
ー新潟水俣病をめぐる運動の可能性ー
笹田 悠吾 大阪市における脱野宿生活高齢単身者の住宅問題に関する一考察
内藤 知亮 浄土真宗と被差別部落について
ー同朋運動と差別の歴史ー
山本 直 農産物直売所の実態とその役割
ー橋本市のファーマーズマーケット「やっちょん広場」を事例としてー
横江 香津子 近代における郊外リゾートの展開―堺大浜地区を事例として―

2003年度 卒業論文

八尾 学 コミュニティFMという『地域密着』型情報局
五味 裕介 京都競馬場における来場者分析
篠原 琢也 大阪府におけるボウリング場の立地の変化と現況
山本 賢拓 英虞湾における真珠養殖の現状―志摩町の事例を中心に―
四井 恵介 黒人人口の拡大と住宅政策―フィラデルフィアを事例をして―
阿部 祐輔 大阪府における土地区画整理事業の経年的展開と分布
金 篤子 オフィス街の外食産業
下市 多美子 三重県上野市における中心市街地活性化について―「城下町まるごと博物館」の構築に向けて―
外池 芳郎 リノベーションによるまちづくり―近江八幡市を事例に― 
蓬莱 梨乃 ユニークな都市ヴェネツィアの現状
保本 野夢 「古都」京都と天皇制の記憶化
山本 真 淡路島における線香製造業の研究
米田 宏美 岡山県の国際交流ヴィラに関して
寺西 厚志 大阪市中心部における人口の都心回帰とマンション回帰

2002年度 卒業論文

安藤 規子 ごみ分別収集に対するさまざまな行動
多田 桂子 大阪市の街区公園における地域特性別の利用状況について
洲見 啓介 営業倉庫の立地と問題点―京都府久御山町を例として―
末村 正代 河川改修による流路変更と土地利用の変化

2001年度 卒業論文

川口 夏希 歴史的町並み保存によるまちづくり―倉吉打吹地区における中心市街地活性化を事例として―
佐柳 八千代 高度成長期以降の大都市周辺都市の変容とその特質―大阪府和泉市を事例として―
上坂 崇幸 ITを利用した新しい地域情報発信について―大阪府豊能地域「とよのネット」を事例に―
相沢 大輔 大阪ミナミの地域イメージに関する考察―アンケート調査をもとにして―
利岡 数子 消費文化が創る新しい町「堀江」
新田 崇仁 大阪の落書きと張り紙
稲垣 吉裕 高齢者の居住意識からみた住宅地域の現状と課題―千里ニュータウンを中心に―
山下 裕二 大阪府における学習塾立地の地理的特徴―鉄道沿線・駅周辺地域との関連を事例として―
池田 晶子 南大阪における自動車販売会社の店舗立地
木村 泰治 大阪における地域密着型商店街の活性化―此花住吉商店街を事例として―
大森 佐知子 北京市・王府井における商業地開発の実態