お知らせ

 
TOP大阪市立大学文学部/文学研究科

2019年度新刊巡検のお知らせ

 

下記の要領で新歓巡検を行うことになりました。今年度は2つのコースに分かれて、懇親会で合流することになります。

【日時】 2019年6月22日(土)10:00~18:00ごろ
【概要】 今年度は2つのコースに分かれて巡見を行います。

☆ Aコース: おおさか東線沿線コース
集合場所: 大和路線平野駅 (谷町線平野駅とは違うのでご注意を)
交通費概算: 780円 (集合場所から起算)
テーマ (場所)
①旧自治都市の名残 (平野)
②町づくり (平野町ぐるみ博物館)
③商店街の変遷 (布施商店街)
④密集市街地の再開発 (若江岩田)
⑤大阪の治水 (毛馬の閘門)

☆ Bコース: 阪急京都線沿線コース
交通費概算: 1,000円 (自宅から集合場所までの交通費は含まれていません)
テーマ(場所)
①高槻市の歴史と文化 (高槻城跡公園)
②淀川流域の治水 (段倉)
③医療を核としたまちづくり (北大阪健康医療都市)
④密集市街地の再開発 (阪急庄内駅周辺)
⑤商店街の変遷 (三津屋商店街)

★新歓コンパについては、下記のように予定しております。
【時間】18:00~(予定)
【場所】追ってご連絡致します。

U20国際シンポジウムのお知らせ

 

大阪で開催されるG20に先立って、U20(Urban20 メイヤーズ・サミット)というイベントが東京で実施されます。そのサイドイベントとして、国際シンポジウム「将来を見据えた包容力のあるまちづくり~Visionary Cities, Inclusive Cities」の開催が予定されています。本教室の水内俊雄教授も登壇することになりますので、関心のあるかたは奮ってご参加ください。

日時:2019年5月20日(月)午後1時~午後5時
場所:世界銀行東京事務所(東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル14階)
主催:世界銀行 社会・都市・農村開発・強靱性グローバルプラクティス(GSURR)、東京開発ラーニングセンター(TDLC)
後援:東京都

プログラムの詳細、登録等については、下記のサイトをご参照ください。
http://www.worldbank.org/ja/events/2019/05/20/visionary-cities-inclusive-cities

12:30 受付
13:10 開会の辞、基調講演
  • 東京都庁代表者
  • 世界銀行の代表者
13:45 市長セッション
  • ヘルシンキ市長
  • ロッテルダム市長
  • ダーバン官僚
  • ソーシャル・インクルージョン バックグランドペーパー共著者
  • モデレーター:世界銀行スタッフ
15:00 TECHNICAL SESSION 経済・空間・社会的に包容力のあるまちづくり
パネルディスカッション1: 誰一人取り残さないまちづくり
  • ジャカルタ首都特別州次期州知事
  • サンパウロ市官僚
  • 人文社会学部人間社会学科社会福祉学教室 教授
  • 日本財団代表者
パネルディスカッション2: 都市の貧困層の機会向上をめざして
  • リヤド市長
  • メデジン 防災局長
  • 大阪市立大学都市研究プラザ 教授 
  • 笹川平和財団 代表者
  • モデレーター:世界銀行スタッフ
17:00 閉会の辞
  • 世界銀行スタッフ

2019年度 教室ガイダンス+歓迎茶話会

 

2019年4月5日(金)に、新年度の教室ガイダンスと、新メンバーの歓迎茶話会が開催されました。ガイダンスは前年度同様、本学高原記念館で、歓迎会は新3回生が中心となって企画し、本年度は初めて学情1階の交流スペース「ツクルマ」で行われました。学生と教員の自己紹介も行われ、打ち解けた雰囲気の中で盛り上がり、垣根を越えて交流が深まりました。

本年度は2回生16名、編入生1名、前期博士課程1回生4名、後期博士課程1回生1名、研究生1名を迎えました。教室は例年にも増して多くの新たなメンバーを加え、喜ばしい新年度スタートとなりました。

(M1:若林萌・貫名隆洋)

書籍出版のお知らせ

 

report

本教室の教員・出身者が中心となって執筆した書籍(ブックレット)が出版されました。

水内 俊雄・福本 拓・コルナトウスキ ヒェラルド編 2019.『グローバル都市大阪の分極化の新たな位相――日本型ジェントリフィケーションの多様性』(URP「 先端的都市研究」シリーズ17) 大阪市立大学都市研究プラザ.

目次

第1章グローバル都市の最後のセーフティネットを担うのは何処?―サービスハブ論を導入して―
(水内 俊雄・コルナトウスキ ヒェラルド・福本 拓・キーナー ヨハネス)
第2章地力と磁力を活かしたまちづくりとサービスハブ―大阪市西成区北東部を例にして―
(水内 俊雄)
第3章西成区新今宮駅南東地域におけるカラオケ居酒屋の激増とその地理的特質―中国人による商店街内での不動産ビジネスの展開―
(王 佳儀)
第4章新華僑のビジネス動向と地域コミュニティへの波及効果―カラオケ居酒屋、民泊、福祉アパート経営の実態から―
(陸 麗君)
第5章大阪市浪速区における外国人の増加と地域変容―人口動態の分析を通じて―
(姚 亜明)
第6章日本語教育機関による留学生と地域共生の実践―浪速区のA 日本語学校の実践より―
(姚 亜明)
第7章マンション居住で急増する人口の都心回帰とその受容の実態―大阪市西区を例に―
(若林 萌)
第8章空き家の改修と利活用によるレジリエントなコミュニティづくりに関する研究
(西野 雄一郎)
第9章関東・飯場調査
(水野 阿修羅)

本文は、こちらからご覧いただけます。

「人文地理学会政治地理研究部会 第27回研究会」のお知らせ

 

下記の要領で研究会が開催されます。非会員でも聴講できます。奮ってご参加・ご周知ください。

日時:2019年4月13日(土)午後1時30分~4時30分
会場:大阪市立大学文化交流センター
大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階 大講義室
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access#umeda

<テーマ>

境界をめぐる実践―ボーダーコントロールとボーダーツーリズム

<趣旨>
国際的な政治地理学研究において境界研究は重要かつ注目される分野である。しかしながら、日本の地理学においては、政治地理学がそうであるように、ほとんど研究されていない。本研究会では、日英の若手国際政治学者を招き、欧米における移民規制という境界管理強化の実践と日本の対馬をめぐるボーダーツーリズムの展開を対比しながら、境界研究の現代的視座について考察を深めたい。

<発表者と発表>
ヴィッキー・スクワイア(イギリス・ウォーリック大学)
Governing migration through death: Bordering practices in the EU and the US
(死を通して移住を統治する―EUと米国における境界化の実践)

花松 泰倫(九州国際大学)
対馬・釜山ボーダーツーリズムの展開と境域社会の変容過程

※英語による発表には和文資料が、質疑応答には簡単な通訳がつきます。本研究会の詳しい内容については政治地理研究部会ホームページ(http://polgeog.jp/studygroup/)をご覧ください。

<基金>
科学研究費補助金 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化B)
「東シナ海島嶼をめぐるトランスボーダー地政学の構築」
(研究課題番号:18KK0029、研究代表者:山崎孝史)

<連絡先>
山崎孝史(大阪市立大学)
E-mail: yamataka [at] lit.osaka-cu.ac.jp
[at]は@に置き換えてください。

地理学野外調査実習I報告書

 

report

地理学野外調査実習I(2018)の報告書『大阪におけるため池の変遷と現状―潰廃・親水・防災―』が完成しました。2018年度の実習は、冊子での報告書作成だけでなく、マレーシア国立サラワク大学との学生交流の場で発表したり(英語)、地域連携センター主催のイベントでポスター発表したり、多様な形での報告の機会がありました。本報告書に関心のある方は、祖田(soda<at>lit.osaka-cu.ac.jp)までご連絡ください。
<at>は@に置き換えてください。

<目次>
はしがき(祖田 亮次)
第1章 ため池の概要(管 新寧)
第2章 「ため池台帳」から見る大阪のため池(板原 虎ノ介)
第3章 大阪府におけるため池の潰廃(田口 笙太郎 ・ 山村 名香)
第4章 「ため池オアシス構想」の現状と課題(井元 遼太郎 ・ 深田 隼人)
第5章 ため池の防災機能と役割(宮本 翼)

地理学メーリングリスト使用方法について

 
地理学教室メーリングリスト<chiri2010[at]lit.osaka-cu.ac.jp>に関する登録・投稿・アドレス変更・退会等の方法をお知らせします。

ご質問などは管理人または<chiri2010-admin[at]lit.osaka-cu.ac.jp>宛にお送り下さい。

○メーリングリストへの登録

管理人または<chiri2010-admin[at]lit.osaka-cu.ac.jp>宛に自分の名前および登録するメールアドレスを記載してメールしてください。管理人により手動で登録を行います。

○メーリングリストへの投稿

投稿したいメールを<chiri2010[at]lit.osaka-cu.ac.jp>宛に送ってください。

○登録アドレスの変更

管理人または<chiri2010-admin[at]lit.osaka-cu.ac.jp>宛に自分の名前、変更前および変更後のメールアドレスを記載してメールしてください。管理人により手動で登録変更を行います。

○メーリングリストからの退会

管理人または<chiri2010-admin[at]lit.osaka-cu.ac.jp>宛に自分の名前および退会するメールアドレスを記載してメールしてください。管理人により手動で退会処理を行います。
※メールを送信の際は「[at]」を「@」へ置き換えてからお願います。

過去の教室ニュース