大学院

 
TOP 大阪市立大学 文学部/文学研究科
 

今野 泰三
DC. IMANO Taizo

 

ホームページ

研究テーマ

  • 専門
    • 中東政治、政治地理学
  • テーマ
    • パレスチナ問題、イスラエル政治社会
  • フィールド
    • ヨルダン川西岸地区のユダヤ人入植地など

経歴

  • 出身 東京都
    • 2003年3月 慶應義塾大学経済学部卒業(1999年4月入学)
    • 2005年12月 ロンドン大学東洋アフリカ研究所(SOAS) 法・社会科学研究科 中東政治学専攻 修士課程修了(2004年9月入学)
    • 2006年5月~2007年3月 財団法人日本国際フォーラム 研究員
    • 2007年7月~2007年9月 ベングリオン・ネゲブ大学留学(Ginsburg-Ingerman奨学金受給)
    • 2007年9月~2009年3月 エルサレム・ヘブライ大学留学(イスラエル政府給付奨学生、ロースバーグ家給付奨学生)
    • 2009年4月 大阪市立大学文学研究科人間行動学専攻博士後期課程入学、同大学都市研究プラザG-COE特別研究員採用
    • 2010年4月 独立行政法人日本学術振興会特別研究員(DC2)採用

学会・社会活動など

  • 職歴
    • 財団法人日本国際フォーラム 研究員(2006年5月~2007年3月)
    • 大阪市立大学 都市研究プラザ G-COE特別研究員(2009年4月~)
    • 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(2010年4月〜)
  • 学会
    • 人文地理学会
    • 日本ユダヤ学会
    • 日本中東学会
  • 社会活動
    • NGO日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業ボランティア
    • 京都YWCA パレスチナ支援チーム「ブクラ」メンバー
    • パレスチナ支援チャリティーイベント「For Gaza」メンバー
    • NGOヒューマンライツ・ナウ 学生会員
    • パレスチナ学生基金 賛助会員
    • パレスチナの平和を考える会 賛助会員

研究業績

  • 学術論文(*は査読を経たもの)
    • Gush Emunim: Jewish Fundamentalist Movement in the Occupied Territories and its Ideology.
      学位論文、2004年
    • Zionism and the Jewish Settlements: Why have the Jewish Settlements been built in the West Bank and Gaza Strip since the End of the 1967 War?
      学位論文、2005年
    • 「ユダヤ人入植者のアイデンティティと死/死者の表象−ナラティブと墓石・記念碑の分析−」* 日本中東学会年報 26-2号、2011年1月
    • 「死と贖いの文化――山頂のメシア主義者」 臼杵陽監修・赤尾光春・早尾貴紀編『シオニズムの解剖(仮題)』人文書院(2011年出版予定)
  • 学会発表
    • The Image of Land: Geo-power and Historical Review on the Maps of Palestine. 会議 “Women’s Debate”、アル・クッズ大学女性ジェンダー研究センター(パレスチナ、ラマンラ)、2009年3月
    • 「西岸地区とガザ地帯におけるイスラエル入植地の類型学」、NIHUイスラーム地域研究 東京大学拠点パレスチナ研究班、日本女子大学、2009年10月6日
    • 「被占領地におけるイスラエル入植地の諸問題-類型化によるシオニスト入植史へのアプローチ-」人文地理学会大会、2009年11月8日、名古屋大学
    • 「Zionism and Jewish Settlement: Ethno-national logic of territoriality and place-making」 The 4th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography (第4回日中韓地理学会議)、中山大学(中国・広州)、2009年12月11日
    • 「ユダヤ人入植者のアイデンティティと死/死者の表象-墓石・記念碑の分析-」日本中東学会第26回年次大会、2010年5月9日、中央大学
    • "The Roles of Deaths and the Dead in Formulating Spatial Identities of Religious-nationalist Jewish Settlers: Analysis on Graves andMonuments" Regional Conference of the International Geographical Union(IGU)、テル・アビブ、2010年7月15日
    • 「死と贖いの文化-山頂のメシア主義者-」シンポジウム『シオニズムの解剖-現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克-』(大阪大学グローバルCOE「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」主催)、東京麻布台セミナーハウス、2010年10月10日
  • その他
    • 「地図が語るパレスチナ問題」 シンポジウム『みんなで考えるパレスチナ問題』(主催:日本国際ボランティアセンター)、文京区シビックセンター、2007年6月
    • 「地図が語るパレスチナ問題」 ゲストスピーカー(金敬黙先生)、青山学院大学国際政治経済学部、2007年6月
    • 「報告-鉄の壁としての入植地、人間の盾としての入植者-」 『京都YWCAブクラ 第2回パレスチナ報告会』、京都YWCA会議場、2009年7月20日
    • 研究発表「イスラエルによるヨルダン川西岸地区の入植の実態」、日本国際ボランティアセンター(JVC) パレスチナ・ボランティアチーム勉強会、JVC東京事務所、2009年9月4日
    • 論考「イスラエルの併合政策とパレスチナの行方」 『ミフターフ』第25号(2009年11月)、パレスチナの平和を考える会、pp.2-5
    • エッセイ 「水がない!」 『バサルのちアサル』(日本国際ボランティアセンター・パレスチナボランティアチーム発行)、2010年10月、pp.1-2
    • エッセイ 「ヒジャーブと香水」 『バサルのちアサル』(日本国際ボランティアセンター・パレスチナボランティアチーム発行)、2010年10月、pp.2-3
    • 文献解題 「John Agnew: Globalization and Sovereignty:グローバル化と主権」 人文地理 62-3号、2010年、pp.88-89
    • 書評 Eyal Weizman著 "Hollow Land: Israel's Architecture of Occupation" (2007, London: Verso Books). 日本中東学会年報27-1号、2011年7月刊行予定