大学院

 
TOP 大阪市立大学 文学部/文学研究科

概要

 

大学院人間行動学専攻地理学専修では,都市・経済地理学,文化・社会地理学,政治地理学,環境論、民族論、地理情報論といった地理学の広範な分野を学ぶことが可能です。研究環境はハード,ソフト面できわめてよく整備されており,少人数教育が行われています。また教員と院生、院生同志,他専修や他大学院との自主的研究会活動もさかんです。

当専修ではフィールドワークの力を備えた、現代世界の課題に鋭敏で、総合的な思考力と行動力をもった院生を育成することを目標としています。海外の大学との研究交流も盛んで、留学生も積極的に受け入れています。これまで多くの他大学出身学生を受け入れてきた経験を持ち、包容力ある指導のもとで,すでに30名以上が大学等の研究職に就き,人文地理学における関西の拠点大学院の一つとして研究・教育・社会貢献・国際交流の面で実績を積み重ねてきました。

前期博士課程の院生は、演習を主体とした授業を受けつつ、修士論文の執筆に力を注ぎます。後期博士課程になると、学会での口頭発表と学会誌への学術論文の投稿が義務づけられ、国際学会での発表も奨励されます。英文校閲や海外渡航などの各種支援を受けることも可能です。

院生の研究テーマに特に制約はありませんが、これまでは都市研究を専攻する者が多かったようです。最近は、建築や観光、災害、スポーツ、環境問題など、院生の関心は多様化しています。前期・後期課程とも正・副2名の指導教員が就き、マンツーマンのきめ細かな指導を心がけると同時に、合同ゼミの開催によって関心の異なる学生間での議論を活発化させています。

後期博士課程3年次を終えると、課程博士の学位を請求することができます。本専修では原則としてレフェリーのある学術雑誌に掲載された論文が3編以上あり、400字詰め原稿用紙に換算して300ないし400枚以上の分量のオリジナリティに富んだ内容を持つ論文を、所定の提出日までに提出することを条件としています。

大学院受験案内

 
本教室では,前期博士課程(いわゆる修士課程)の学生募集を年度内に2回(9月・2月),
後期博士課程(いわゆる博士課程)の学生募集を年度内に1回(2月)行っております。


  受験者数 合格者数
2004年9月入試 修士課程2名 (1) 修士課程2名 (1)
2005年2月入試 修士課程2名 (0)
博士課程3名 (1)
修士課程2名 (0)
博士課程3名 (1)
2005年9月入試 修士課程4名 (3) 修士課程2名 (2)
2006年2月入試 修士課程2名 (1)
博士課程1名 (1)
修士課程2名 (1)
博士課程0名 (0)
2006年9月入試 修士課程2名 (0) 修士課程1名 (0)
2007年2月入試 修士課程1名 (0)
博士課程3名 (2)
修士課程0名 (0)
博士課程3名 (2)
2008年9月入試 修士課程2名 (2) 修士課程2名 (2)
2009年2月入試 修士課程1名 (0)
博士課程3名 (0)
修士課程0名 (0)
博士課程3名 (0)
2009年9月入試 修士課程2名 (0) 修士課程1名 (1)
2010年2月入試 修士課程1名 (0)
博士課程1名 (0)
修士課程1名 (0)
修士課程0名 (0)
博士課程1名 (0)
修士課程1名 (0)
2010年9月入試 修士課程1名 (0) 修士課程1名 (0)
2011年2月入試 修士課程1名 (0) 修士課程1名 (0)
2011年9月入試 修士課程1名 (0) 修士課程1名 (0)
2012年2月入試 修士課程2名 (0)
博士課程2名 (0)
修士課程1名 (0)
博士課程2名 (0)
2012年9月入試 修士課程1名 (0) 修士課程1名 (0)
2013年2月入試 博士課程1名 (0) 博士課程1名 (0)
2013年9月入試 修士課程1名 (0) 修士課程1名 (0)
2014年2月入試 修士課程1名 (0) 修士課程1名 (0)
2014年9月入試 修士課程3名 (1) 修士課程3名 (1)
2015年2月入試 博士課程1名 (1) 博士課程1名 (1)
2016年2月入試 博士課程1名 (1) 博士課程1名 (1)
2017年9月入試 修士課程1名 (0) 修士課程1名 (0)

*丸括弧内の数字は内部の受験者数・合格者数

大学院進学を希望される方で,入試・院生生活の詳細をお知りになりたい方は,ご遠慮なくお問い合わせください。

また,教室訪問も大歓迎です。その際,事前にご連絡を頂ければ幸いです。スタッフ・学生一同お待ちしております。

文学研究科・文学部学生募集要項

大学院生紹介

 

後期博士課程

Doctor 2 松本 裕行 MATSUMOTO Hiroyuki   略歴・業績など
Doctor 1 横林泰宏 YOKOBAYASHI Yasuhiro

前期博士課程

Master 2 松尾 卓磨 MATSUO Takuma   略歴・業績など
Master 1 松井 恵麻 MATSUI Ema 略歴・業績など

博士号授与者一覧(1999年以降)

 
1999年 松村嘉久 「中国の少数民族問題に関する政治地理学的研究」
2000年 加藤政洋 「近代都市における「場所」の文化ポリティクス : 大阪のスラム・盛り場を事例として」
水内俊雄 「近代日本における国土開発・都市開発の地理学的研究」
2001年 大場茂明 「近代ドイツの市街地形成に対する公的介入の生成と展開 : ルール地域の工業都市群を事例として」
2003年 生田真人 「マレーシアの都市開発 ―歴史的アプローチ― 」
2004年 西部均  「地理的想像力と近代日本の都市構想―多声的な社会的価値の創出― 」
筒井一伸 「縁辺地域における公共サービス・地方財政の実態に関する地理学的研究」
2005年 吉田容子 「地域労働市場と女性就業の地理学的研究 ―ジェンダー視点を導入して―」
神田孝治  「近代日本における観光空間の生産をめぐる文化地理学的研究」
2007年 原口剛 「都市日雇労働市場の編成と労働運動の動態に関する地理学的研究―高度経済成長期の大阪を事例として」
2008年 本岡拓哉 「戦後都市における「不法占拠」地区の消滅過程に関する地理学的研究」
山口晋 「現代都市のストリートをめぐるアーティストの実践と空間管理に関する地理学的研究」
大城直樹 「国民国家周縁部における生活様式の分節化と地域アイデンティティ再生産に関する文化地理学的研究―19世紀以降の沖縄を事例として―」
2009年 島津俊之 「明治近代地理学誌研究」
2011年 コルナトウスキ・ヒェラルド(Kornatowski Geerhardt) 「香港におけるホームレスに関する都市地理学的研究―住宅施策とホームレス支援の系譜の分析から―」
2015年 今野泰三 「ヨルダン川西岸地区におけるイスラエル入植地と民族宗教派入植者に関する考察―死/死者の景観と規範共同体の境界―」
2015年 川口夏希 「都市政策のパラダイムシフトと都市再生の多面的展開」
2016年 菅野拓 「現代日本における社会問題の解決主体としてのサードセクター ―東日本大震災への対応を事例として―」

大学/研究機関着任研究者(1985年以降)

 
生田真人 (現・立命館大学) 1985年 後期博士課程中退
川端基夫 (現・関西学院大学) 1985年 前期博士課程修了
大場茂明 (現・大阪市立大学) 1986年 後期博士課程単位修得退学
島津 俊之 (現・和歌山大学) 1988年 後期博士課程中退
野尻 亘 (現・桃山学院大学) 1989年 後期博士課程単位修得退学
吉田容子 (現・奈良女子大学) 1994年 後期博士課程単位修得退学
大城直樹 (現・明治大学) 1995年 後期博士課程単位修得退学
丹羽弘一 (元・富山大学) 1995年 後期博士課程単位修得退学
長尾謙吉 (現・専修大学) 1998年 後期博士課程単位修得退学
松村 嘉久 (現・阪南大学) 1999年 後期博士課程修了
加藤政洋 (現・立命館大学) 2000年 後期博士課程修了
筒井一伸 (現・鳥取大学) 2004年 後期博士課程修了
神田孝治 (現・立命館大学) 2005年 後期博士課程単位修得退学
立見淳哉 (現・大阪市立大学創造都市研究科) 2001年 前期博士課程修了
西部均 (現・大阪市政調査会) 2004年 後期博士課程修了
原口剛 (現・神戸大学) 2007年 後期博士課程修了
山口晋 (現・目白大学) 2008年 後期博士課程単位修得退学
木村義成 (現・大阪市立大学) 2002年 前期博士課程修了
本岡拓哉 (現・立正大学) 2008年 後期博士課程修了
コルナトウスキ・ヒェラルド (現・大阪市立大学都市研究プラザ) 2011年 後期博士課程修了
熊谷美香 (現・和歌山県立医科大学) 2012年 後期博士課程単位修得退学
菅野拓 (現・人と防災未来センター) 2014年 後期博士課程単位取得退学
今野泰三 (現・中京大学) 2016年 後期博士課程修了
冨永哲雄 (現・和歌山大学)
澤端智良 (現・茨城キリスト教大学) 2001年 前期博士課程修了

 

過去の修士論文一覧

 

2016年度

武村 昂英琵琶湖におけるヨシ産業維持のための考察 -生業と環境保全の観点から-
蘇 舟定住化する新華僑 -大阪を事例として-
梅田 堅司大都市における児童の居場所の変遷と実態 -大阪市の放課後事業を事例として-

2015年度

黒田 将広土地区画整理事業と地権者の対応
―尼崎市旧大庄村地域を事例として―

2012年度

丸市 将平緑茶消費変化に対する産地の受容と対応
―三重県・伊勢茶を事例として―

2011年度

森山 隆行地方都市圏における鉄道交通機関の輸送改善とその影響

2009年度

林 修平米軍統治下の沖縄における基地跡地利用―コザ解放地を事例に―

2008年度

渥美 清若年層に注目した多様化するホームレス像と支援の現状解明及び課題の提示―社会的・地理的関係性と支援団体の地域差からみた分析―

2007年度

蓬莱 梨乃 ホームレス支援にみられる地域格差とトータルサポートをめざしたシステムの構築―新たなセーフティネットづくりへの模索―
田中 靖記 衰退地区改善にとっての「新しいガバナンス」と都市統合政策―ドルトムント市ノルトシュタット地区を事例に―

2006年度

Greerhardt Kornatowski Policies on Homelessness and Place-based Activities of NGO`s and Grassroots Oraganizations in East Asia:the Case of Osaka,Seoul and Hong Kong
柴田 剛 泉北地域における在日朝鮮人の「中間的集住地域」の形成過程と現状

2005年度

イスラム モハマド ナズルル A Comparative Study of the Policy and Support for the Housing-Poor in Asian Cities: the Case of Bangkok and Dhaka
阿部 祐輔 集中する大阪市西成区の生活保護受給者の特性と現状及び居住の実態―近年における生活保護行政運用の転換を通じて―

2004年度

星野 良介 リノベーションによるインナーシティの再活性化―大阪谷町六丁目におけるからほり倶楽部の活動を事例にして―
本岡 拓哉 戦後神戸市におけるバラック住宅地区の形成とクリアランス―バラック住宅地区居住者の居住の権利を考慮して―

2003年度

川口 夏希 ローカルな空間におけるストリート・ファッションの生成プロセス―大阪市堀江地区を事例として―
熊谷 美香 企業におけるマーケティング活動への地理学的接近―市場特性が企業の地域的展開に及ぼす影響―

2002年度

朝田 良輝 沖縄市石垣島における戦後開拓集落の変容と土地買い占め
山口 晋 ストリート・パフォーマーが創出するスタイルと都市の文化産業、文化政策
村上 真 景観行政と地域イメージの関係に見られる特徴について―石川県金沢市と金沢経済同友会を事例に―
山本 真一郎 愛媛県における草創期の乗合自動車業

2001年度

立見 淳哉 産業集積の動態分析に向けて―コンヴァンシオン経済学の産業集積研究の拡張―
原口 剛 戦後釜ヶ崎の形成過程をめぐる空間的ポリティクス
木村 義成 ジオデモグラフィクスからみた東京・京阪神大都市圏の居住地域構造
岡田 理樹 兵庫県東播磨・北播磨地域におけるモータリゼーションの進展と地域社会
若松 司 同和対策事業による居住空間の獲得と中上健次の文化活動―戦後の和歌山県新宮市における部落解放運動を事例に―