アジア都市文化学専攻
 
 
 
 
 
 
 
専攻紹介      
 
アジア都市文化学専攻は、2001年に大学院のみの専攻として設置されました。本専攻は、アジアとの結びつきの深い都市・大阪を拠点に、「都市」という視点を通じてアジアの諸文化にアプローチし、その独自性や多様性を解明することを目指しています。
 
アジアの諸文化、とりわけ都市文化の現状と特性、その形成過程、さらに今後の可能性について、人文・社会諸科学の成果を基礎に、学際的、総合的、比較文化的な観点から考究しようとする本線校は、従来政治経済分野に偏りがちであったアジアへの理解を深め、アジア諸地域との真の意味での相互理解や文化的共存を志向するものです。
 
教員スタッフの専門分野は、文学、文化論、文化人類学、芸術学、観光学など多岐にわたり、地域的にも日本を含む東アジア(韓国・中国など)および東南アジア(インドネシア・マレーシアなど)を主たる研究のフィールドとしています。スタッフはそれぞれの専門分野の特性を生かしながら、制度、他民族共生、宗教、観光文化、伝統文化、ポピュラー文化、サウンドスケープ、音楽など、アジアの文化的諸事象についての教育、研究に従事しています。
 
 
 
教育方針     
 
本専攻では、学生の興味・関心を学問的対象へと昇華させるべく、個々の学生に対するきめ細かな対応を心がけています。具体的には、教員それぞれの専門分野に関する基礎的文献研究はいうまでもなく、各学生の研究テーマにあわせたフィールドワークも重視して指導を行っています。その際、多分野、多地域の研究者が在籍することの利点を生かし、学生とは専門分野、対象地域を異にする教員を副指導担当として配することで、学生が自らの専門分野や対象地域を越えた学際的、比較論的な視点を身につけることに力を入れています。
 
具体的な指導内容としては、まず前期博士課程1年次にはアジア都市文化について幅広く学ばせるとともに自らの研究テーマや研究手法の明確化をはかってもらいます。前期博士課程2年次には、修士論文の完成を目指して研究テーマを絞った上で、問題設定、資料収集、資料分析と解釈、論文作成という一連の研究過程を細かく指導していきます。後期博士課程においては、専門的な研究者としての自主性を最大限尊重しつつ、博士論文完成に向けての方向付けや、研究の各段階における支援を行います。同時に、学会発表や学会誌、専門誌への寄稿を促し、近い将来、専門研究者として、あるいは高度な専門性を身につけた職業人として真に自立するための準備をサポートします。
 
本専攻は、大学内に閉じた従来の知のありかたにとどまらず、研鑽を通じて得た知見を社会の現場で生かすための「実践知」を重視し、研究と実践を結びつけようとする志向を持つ学生を歓迎します。それもあって本専攻には、常に複数の社会人学生や留学生が在籍しており、彼/彼女らを軸に大学と社会の交流、さらには国際的な交流が日常的に実現されています。本専攻は、学部に対応するコースを持たないため、必然的に所属学生は、他学部・他大学出身者がほとんどであることもあって、専攻として常に外に開かれた自由な気風の醸成につとめています。
 
 
教員紹介     
 
野崎 充彦 教授
 
専門分野:韓国伝統文化論
最終学歴:大阪市立大学大学院文学研究科
学位:博士(文学)
 
 主な研究内容は、以下の4つです。
1.朝鮮古典文学、なかでも人物伝記的な作品を中心に、歴史と人物を読み解く。
2.両班と呼ばれた士大夫らの文集を通じ、文化的ナショナリズムの形成過程を追う。
3.民間信仰(風水・シャーマニズムなど)の視点から、民族文化観の諸相を探る。
4.映画などの映像資料を駆使し、伝統文化と現代社会との関わりを考察する。
 
メッセージ
 「理解しなくても愛することはできるが、愛することなしには理解できないものがある」私の座右の銘です。独りよがりな好き嫌いに陥ることなく、また、いわゆる「客観的」な分析で事足れりとするのでもなく、常に現代に生きる人間としての問いかけを持ち続けながら対象に接することを目指しています。
 
 
多和田 裕司 教授
 
専門分野:文化人類学
最終学歴:大阪大学大学院人間科学研究科
学位:博士(人間科学)
 
文化人類学の立場から、東南アジア地域研究、特にマレーシアを中心とした研究を行っています。現在取り組んでいる研究課題は、グローバル化、国民国家体制、消費社会の進展等を特徴とする現代社会における宗教の(再)定式化について、特にイスラームを対象として明らかにすることにあります。イスラーム(および諸宗教)に内在する理念は教義は、現代社会において「普遍的」とされる価値とどのように切り結んでいるのであろうか。理論的検討およびフィールドワークを通じて、具体的な宗教実践にあらわれる両者のダイナミズムをとらえることに力を入れています。
メッセージ
研究分野からフィールド調査中心の指導と思われるかもしれませんが、指導の基本は読む力の養成においています。学術的な文章を読みこなせない者に学術論文が書けるはずがありません。大学院生であるかぎり、自分の研究に関係する文献だけでなく(それは自身で当然やっておくべきことです)専攻分野の古典的著作は一通り読んでほしいと思います。
 
 
菅原 真弓教授
 
専門分野:美術史・文化資源学
最終学歴:学習院大学大学院人文科学研究科
学位:博士(哲学)
 
 日本美術史。特に幕末から明治期にかけての媒体(版画、主に浮世絵版画)に関する研究が主たる研究テーマ。大転換期であった明治維新とその後の社会制度の激変は、常に時代の流行を描き出してきた浮世絵の世界にも大きな変革をもたらしました。そして皮肉なことに、時代に取り残された浮世絵はついに終焉を迎えます。単に「美しい」と愛でられる絵画ではなく、時代背景(社会的、政治的な)と密接な関係を持つ美術に関心があります。今後まとめようと思っている近代以降の「歴史画」もまたその一つ。
 
メッセージ
 研究に対するスタンスとして私が大切にしていることは「愚直」であることです。楽をして手っ取り早く成果をあげようとせず、資料を集めたりフィールドワークによってサンプルを集めたり、といった基礎的な勉強を「愚直」に行って欲しいと思います。世界がアッと驚くような研究だって、最初の一歩は小さなものだったはずですから。
 
 
増田 聡 准教授
 
専門分野:音楽学・メディア論
最終学歴:大阪大学大学院文学研究科
学位:博士(文学)
 
ポピュラー音楽を中心とした大衆文化研究。複製メディアの技術の発展と普及により生じてきた新たな音楽文化の生産と受容の諸々について、主に美学的な関心に基づいてアプローチしています。録音メディアと作品概念、創作好意と作者性、剽窃・盗作と間テクスト性、人工音声キャラクターの主体性、著作権制度と音楽実践の相関などをこれまでテーマとしてきました。現在は、都市空間における音楽がもつ場所性について関心があり、携帯音響機器やBGM、ご当地ソングなどについての研究をきわめてゆっくりと進めています。
 
メッセージ
大学は「勉強するため」の場所ではありません、といとほとんどの学生は解せない顔をします。しかし、その中に「なるほど」と合点した表情をうかべる学生がときおり存在し、そのような学生がやがて研究者の道を進んでいくのを幾人も見てきました。「大学は勉強するところではない」のであれば何をするところなのでしょうか。ひとつ考えて見てください。
 
 
堀 まどか 准教授
 
専門分野:比較文学・比較日本文化・文芸文化交流史・日本語
最終学歴:総合研究大学院大学文化科学研究科
学位:博士(学術)
 
文学研究を主軸に、とくに「境界」の文学に関心をもって、比較文化や文芸交流史の研究を行っています。
 @日本の文学や文化が、いかに国際的な文化間交流や相互理解を通して形成されてきたか。
 A日本の文芸・文化・芸術が、どのように国外に発信され受容されて、また国内で再構築され、また国際的なモダニズムの芸術潮流につながっていったのか。
 B日本文化のどのような点が、どのような背景のなかで国際的評価を得ていたのか。そしてこの異文化間交渉のなかでどのようなズレと矛盾と葛藤が起こっていくのか。
「一国文学史」観から離れて、日本文学日本文化の持つ特質や普遍性を考えてみることが中核です。日本語文学に、もし世界的な「理想」となりうる秩序感覚を見いだせるとするならば、それは何だろうか、と考えているのです。これまでの研究のなかでご縁が深かったフィールドは、「インド」と「韓国」ですが、その他、世界のさまざまな地域に関心があります。
 
メッセージ
大学院では、自分で積極的に課題を見つけて取り組むことが求められます。既存の枠にとらわれず、しなやかに且つちょっぴり頑固に研究してみたい人。幅広い好奇心を持ち、人間やその歴史を愛し、簡単にはめげない人。大阪という個性的で闊達な都市で、是非いっしょに、文化研究の可能性を考えてみませんか?
 
 
天野 景太 准教授


専門分野:観光学・観光文化論・都市社会文化論
最終学歴:中央大学大学院文学研究科
学位:博士(社会学)
 
「観光」を社会現象として捉え、現代観光の社会・文化的な特質を、主に社会学的な視点から読み解くことを課題としています。具体的には、相互に関連しあう以下の4つのテーマ、@アーバン・ツーリズムの総合的研究、A都市や地域における人々や文化の結節点(駅や盛り場空間など)の生成と展開に関する理論的・実証的研究、Bニュー・ツーリズムの観光文化論、C観光行動におけるメディア・コミュニケーションの果たす役割に関する研究、について、国際比較を念頭に置きつつ、日本をフィールドとしながら探求しています。
 
メッセージ
種を蒔かず、肥料をやらなければおいしい果実は実りません。大学での「学び」も同じで、果実だけをエレガントにいただく、すなわち、出来合の理論や学説をつまみ食いするだけではなく、ものごとを原理的に一から地道に考え抜く実践こそが、迫力を持った研究成果を、ひいては己の成長を導きます。どうか失敗を恐れず、「真剣にバカになろうとする」心意気をもってキャンパスライフに臨んでほしいと思います。
 
 
開設科目(2017年度の担当教員)       
 
アジア都市文化学基礎研究T(多和田)
アジア都市文化学基礎研究U(野崎・増田)
都市文化学研究(増田)
都市文化学研究演習(増田)
都市環境学研究(菅原)
都市環境学研究演習(菅原)
アジア地域文化学研究T(休講)
アジア地域文化学研究演習T(休講)
アジア地域文化学研究U(野崎)
アジア地域文化学研究演習U(野崎)
アジア歴史文化学研究(休講)
アジア歴史文化学研究演習(休講)
アジア民族文化学研究(多和田)
アジア民族文化学研究演習(多和田)
アジア比較文化学研究(堀)
アジア比較文化学研究演習(堀)
アジア大阪比較都市文化学研究T(休講)
アジア大阪比較都市文化学研究U(休講)
アジア比較言語文化学研究(休講)
アジア観光文化学研究(天野)
アジア観光文化学研究演習(天野)
アジア都市文化学特講T(橋爪(非常勤))
アジア都市文化学特講U(休講)
アジア都市文化学総合研究T(1年次科目)(全員)
アジア都市文化学総合研究U(1年次科目)(全員)
アジア都市文化学研究指導T(2年次科目)(全員)
アジア都市文化学研究指導U(2年次科目)(全員)
アジア都市文化学論文指導(後期博士課程科目)(野崎・多和田・菅原)
アジア比較文化学特論T(後期博士課程科目)(野崎)
アジア比較文化学特論U(後期博士課程科目)(休講)
アジア都市文化学特論T(後期博士課程科目)(菅原)
アジア都市文化学特論U(後期博士課程科目)(多和田)
 
*そのほか、他専攻の多くの科目、インターナショナル・スクールをはじめとした文学研究科共通科目など豊富な授業科目群が用意されています。
*各科目の内容の詳細については、文学研究科シラバスを参照してください。
 http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/shared/uploads/2016/02/2017syllabus_grad.pdf
 
過去の主な博士論文・修士論文の題目     
 
博士論文
・日本のコンベンション産業の歴史的変遷とその課題
・中国人のサービス意識に関する研究:ホテル業のサービスを取り上げて
・社会的包摂を視野に入れたアーツマネジメントによるコミュニティ再構築
・現代中国における茶文化の創造とその可能性に関する研究
・Playing Techniques and Aesthetic Modes of Koto Music
 
修士論文
・中国・成都市における都市観光の課題と対策:「経済型観光」から「文化交流型観光」へ
・プーケットにおけるアート。プロジェクトの実践と記録:地域コミュニティにおけるアートマネジメント
・都市と映画祭:「大阪アジア映画祭」を事例に
・中国都市部における消費主義の指向性についての一考察:二都市の大学生の日常消費調査を中心に
・マイノリティの居住空間から集合的な記憶の場所へ:在日コリアンコミュニティ・ウトロ地区を事例として
・ケアの現場とアートをつなぐマネジメントに関する研究
・観光と地域文化の創出:高野山におけるふたつの祭りを中心として
・異文化イメージの形成と変容:ベトナム修学旅行における高校生の異文化体験を事例として
・「近代建築の価値」の発見と変遷:大阪市船場地区を例に
・訪日中国人観光客誘致の問題点に関して:大阪のインバウンド観光を事例として
・「中国風音楽」とは何か:2000年以降の音楽実践を中心に
・マレーシアにおける「多文化主義」:世界文化遺産都市、マラッカとジョージタウンからの視点
・非対称な関係性に拠らない共在性/包摂性を孕むアート実践について:あるダウン症をもつ青年のアフリカン・ドラム実践を主要な事例として
・中国「十七年」時期戦争映画の叙事様式研究
・現在日本の「かわいい」文化:ロシアの「グラマー」と比較して
・現代看板における「地域ブランド」機能研究:大阪道頓堀の看板を事例として
・ゴミ分別“3R”即ち「減量、再利用、及びリサイクル」実践の比較研究:堺市とジョクジャカルタ市・バントゥル県を事例として
・中国抗日映画における日本人イメージの変遷:『南京!南京!』を中心に
・小田作之助の作品における都市の音風景:大阪を中心に
・アジアホラーにおけるJホラーの影響:「呪怨」を中心に
・五條市新町通りにおけるサウンドスケープデザイン
・二十一世紀における恒久型サイトスペシフィック・アートの存在意義:香川県豊島を事例として
・日本・中国・韓国における盤上遊戯「樗蒲」に関する考察
・多民族国家における「民俗文化」の再生に関する考察:青島の中国朝鮮族民俗祝祭を事例に
・韓国犯罪映画の系譜:『殺人の追憶』を起点に
・アートによる社会的包摂:釜ヶ崎芸術大学を事例として
・釜山のビエンナーレの運営をめぐる考察と提案
・マレーシアにおける民族間共生へ向けた教育についての考察:vision schoolを中心に
・グローバルコンテンツとしての“宝塚”:歌劇空間が創り出す都市文化
・大都市繁華街における外国人観光客の観光行動から見る都市観光の持続性:大阪ミナミの難波・心斎橋エリアを中心として
 
 
修了後の進路     
 
前期博士課程修了
 一般企業(旅行会社、貿易業、環境コンサルティング企業、不動産関連企業、メーカーなど)、教員(中学校、高等学校)、官公庁(地方公務員、公益財団法人、在日本外国大使館、NPO法人など)、大学院博士課程進学など
 
後期博士課程修了(単位取得退学者を含む)
 大学研究者(阪南大学、東京成徳大学、大阪観光大学、厦門大学(中国)、大阪芸術大学短期大学部、神田外語大学)、研究員(本学都市文化研究センターなど)、教員(中学校)、一般企業(出版)など