インフォメーション

平成29(2017)年度後期博士課程社会人特別選抜募集要項

※2017年度募集要項配布中です。(出願は必ず大学より配布している本書類で行ってください)

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

文学研究科は人間、社会、文化、言語に関心を持つ人間性豊かな人材を育成することを目標としている。それに対応して、以下のような人材を求める。

  • 人文科学・行動科学の専門領域に関する高度な知識と独創的研究テーマを有する人
  • 研究成果を国内外に発信できる情報発信能力を備えた人

後期博士課程

標準修業年限は3年です。
なお、本研究科では、職業を有する、又は育児や介護等の事情により、標準修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し、課程を修了することを認める長期履修学生制度があります。詳しくは学生サポートセンター文学研究科教務担当にお問い合わせください。

1 募 集 人 員

  •  哲 学 歴 史 学 専 攻       若干名        ※入学定員:8名(一般選抜を含む)
  • 人 間 行 動 学 専 攻       若干名       ※入学定員: 8名(一般選抜を含む)
  • 言語 文 化 学 専 攻       若干名        ※入学定員:12名(一般選抜を含む)
  • アジア都市文化学 専攻      若干名         ※入学定員:4名(一般選抜を含む)

注    学力試験の成績により合格者を出さない場合があります。

2 出  願  資  格

 平成29年3月31日現在において、A及びBの両条件を満たす者。

A  次のいずれかに該当すること。
  (1) 修士の学位を有する者
 (2) 外国において、修士の学位に相当する学位を授与された者
 (3) 平成元年文部省告示第118号をもって文部科学大臣の指定した者
 (4) 本研究科において、個別の入学資格審査により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳以上の者

B  3年以上の職業その他の社会的経験を有する者。

注1
なお、出願資格A(3)(4)により出願しようとする者は、出願資格の認定のため、「出願資格審査申請書」などの提出を必要としますので、事前に学生サポートセンター文学研究科教務担当に申し出のうえ、平成28年12月1日(木)までに必ず学生サポートセンター文学研究科教務担当に必要書類を提出してください(郵送可。【平成28年12月1日(木)消印有効】)。
注2
出願資格A(3)の「平成元年文部省告示第118号をもって文部科学大臣の指定した者」とは、大学を卒業し、又は外国において学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、本研究科において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者です。

3 事  前  相  談

 出願しようとする者は、必ず出願前に志望専攻分野の教員に相談してください。また、事前相談は教員の出張等により出願に間に合わない場合がありますので、原則として出願期間の2週間前までにしてください。
志望専攻分野の教員の連絡先メールアドレスは、文学研究科のWebサイト内の「教員一覧」を御覧ください。

 

詳しくはこちら