UCRC

Home

News

「周縁的社会集団と近代」第14回セミナー(2018年度第10回)

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • 研究会
    • 頭脳循環プログラム

 今回のセミナーでは、本事業の海外連携研究者である張智慧氏(上海大学)に、報告をしていただきます。張氏は、第一次上海事変期における日本人居留民に対する救済問題について検討してきました。今回は、時期を遡り第一次世界大戦期における日本人居留民の「住宅難」問題とコミュニティの形成について、都市社会史研究の視点から論じていただきます。
中国近代史や近代都市社会史、地域社会史に関心のある皆さまのふるってのご参加をお待ちしています。

チラシはコチラ(PDF

  • 日時 2019年1月31日(木)14:00~16:30ごろ
  • 場所 文学部会議室(文学部棟1F L122)
  • 内容
    報告:張智慧氏(上海大学・文学院歴史学部・副教授 / 海外連携研究者)
    「戦前上海における日本人居留民の「住宅難」問題とコミュニティの形成」

連絡・問い合わせ先

国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業「周縁的社会集団と近代」事務局
佐賀朝(UCRC所長・文学研究科教授)
E-mail:CYI03126@nifty.ne.jp

文学研究科プロジェクト「日本文学を世界文学として読む」第2回研究会

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • 研究会
    • 研究プロジェクト
    • イベント
開催日2019年1月24日(木)14:45~16:15
会場大阪市立大学文学部棟1階会議室(L122)
主催大阪市立大学大学院文学研究科

以下の通り、研究科プロジェクト「日本文学を世界文学として読む」第2回研究会を開催します。
ご関心のある方のご参加をお待ちしております。

■報告
高島葉子(表現文化学)
「口承文芸における英雄像の比較試論—古代ギリシャ、日本、アイヌ」

堀まどか(アジア都市文化学)
「世界文学と「地方」———野口米次郎とシカゴの詩雑誌『ポエトリ』———」

■連絡先
山本真由子(国語国文学)
yamamoto[at]lit.osaka-cu.ac.jp([at]を@にかえて送信してください)

「周縁的社会集団と近代」派遣研究者成果報告会(in Yale University)

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • 頭脳循環プログラム
    • 研究プロジェクト
  • 日時 2019年1月11日(金)13:00〜14:30
  • スターリング記念図書館 207号室
    120 High Street, New Haven, CT 06511 (MAP)
  • 内容
    島﨑未央(イェール大学東アジア研究所研究員/大阪市立大学都市文化研究センター研究員/「育成事業」派遣若手研究者)
    「19世紀における若者問題と地域社会 ―弘化3年丙午の年の事例から―」

※この報告は、主に日本語で行われます。

報告内容

19世紀において、村と家を基盤とする社会秩序が大きく動揺していたことはつとに指摘されている。地域の支配層は繰り返し村掟を作成し、家や五人組を単位として攪乱要素の統制をはかった。その中でも、若者や奉公人の素行は重要な問題であった。博奕・諸勝負のほか、祭礼時の騒動や、集会や酒宴を催す懸念があると見做され、警戒されたのが、地域の若者たちや他所からやってきた奉公人であった。

本報告では、池田下村(現大阪府和泉市池田下町)の村役人や絞油屋の家に残った史料を使い、主に若い男女間の内縁関係を契機とした妊娠と、流産を装った堕胎の問題を取り上げる。丙午という年に実施された流産への取締りに地域社会がいかに対応したのかについて事例紹介を行い、今後の研究を進めていく上での足がかりとしたい。

「周縁的社会集団と近代」第13回セミナー(バイリンガル・セミナー)(2018年度第9回)

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • 研究会
    • 頭脳循環プログラム

 今回は、本事業の海外連携研究者であるシンガポール国立大学(NUS)のティモシー・エイモスさんにご報告いただきます。エイモスさんは、本学の法学研究科の安竹貴彦さんが近年、掘り起こし、紹介をしている明治初年の大阪における刑事裁判記録を素材として、近世幕府法から維新政府による近代的な法体系に移行していく時期の身分法違反事件がどのように裁かれたかを検討されています。
あわせて、エイモスさんが活用している明治初年の大阪における刑事裁判記録の作成・伝来経緯やその特徴については、その専門家である安竹貴彦さんに解説していただきます。
エイモスさんのご報告は英語で行われますが、口頭やペーパーによる日本語の解説も加えられる予定です。安竹さんのご報告は日本語で行われます。
近世~近代の地域史、法社会史などに関心をお持ちの皆さんのふるってのご参加をお待ちしています

チラシはコチラ(PDF

  • 日時 2019年1月15日(火)15:30~17:30ころ
  • 場所 文学部会議室(文学部棟1F L122)
  • 内容
    報告①ティモシー・エイモス氏(シンガポール国立大学・人文社会学部・准教授 / 海外連携研究者)
    Rulings on Tokugawa Status Infringements and Local Governing Practices in Early Meiji Osaka Court Records
    (近世身分法違反と「限局的支配」慣習の取り扱いに関する法的判断―明治初期大阪の裁判記録から―)
    報告②安竹貴彦氏(大阪市立大学大学院法学研究科・教授/担当研究者)
    「明治初年大阪の裁判と刑罰」

連絡・問い合わせ先

国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業「周縁的社会集団と近代」事務局
佐賀朝(UCRC所長・文学研究科教授)
E-mail:CYI03126@nifty.ne.jp

文学研究科プロジェクト「日本文学を世界文学として読む」企画展示

  • Date :
  • Category :
    • 研究会
    • 研究プロジェクト
    • イベント
開催日2018年12月3日(月)〜2019年1月21日(月)(学術情報総合センターの開館時間に準ずる)
会場大阪市立大学学術情報総合センター2階

UCRCresearch-project_tenji日本文学と外国文学との関わりは、古代における漢字の受容から始まりました。日本文学が外国語に翻訳されるようになった現在では、発信という方向でも密接に関わりあっています。特に比較文学研究においては、日本文学を「世界文学」の一つとして読み、作品の普遍的な意味や価値が考察されています。

文学研究科プロジェクト「日本文学を世界文学として読む」では、アメリカの日本文学研究を牽引するイリノイ大学との研究交流を一つの軸とし、日本文学を世界文学として多角的に考察し、研究を進めています。

今回の企画展示ではプロジェクトと連携して、学術情報総合センターで所蔵しているコレクションの展示をおこないます。また、比較文学研究に役立つ概説書や入門書も展示します。

  • チラシ(PDF
  • 解題リスト(PDF
  • 学術情報総合センターのウェブサイト(こちら