UCRC

Home > おしらせ > 成果刊行物

成果刊行物

第3回 萬年社コレクション調査研究プロジェクト報告会のご案内

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • 研究会
    • データベース
開催日2015年4月11日(土) 13:30~16:00(開場:13:00)
会場大阪市立大学文化交流センター ホール
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
[アクセスマップ] https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access#umeda
主催萬年社調査研究プロジェクト 大阪新美術館建設準備室 大阪メディア文化史研究会

大阪市立大学文学研究科では、2009年度より「萬年社コレクション調査研究プロジェクト」を立ち上げ、大阪新美術館建設準備室と連携協力するこ とによって、同資料のうち、図書類、引札類を除く、文書と印刷資料類/フィルム・テープ類の整理作業を進め、2014年度に最終目録を完成させま した。

この度、完成した全目録をご報告し、今後の研究展開を考えるために、4年ぶりに第3回報告会を開催します。

事前申込みは特に必要ありません。直接会場にお越し下さい。みなさまのご参加をお待ちしております。

■報告会概要
第Ⅰ部 13:30~14:30
菅谷富夫 「コレクションの来歴と大阪新美術館建設準備室」
竹内幸絵 「調査プロジェクト活動経緯とコレクションの全体概要、整理の現況」
竹内幸絵・中嶋晋平・石田佐恵子 「コレクション詳細(紙資料/社史/テープ
類)について」

第Ⅱ部 研究報告 14:45~16:30
土屋礼子 「メディア史研究から見た萬年社コレクションの価値」
木原勝也 「広告ビジネス発達史における萬年社のフロンティア性」
竹内幸絵 「萬年社紙資料に残された戦時期広告代理店のクリエイティブ」
中嶋晋平 「アジア・太平洋戦争期における宣伝と広告業界 ―日本宣伝文化協
会の活動を中心に―」
石田佐恵子「萬年社ビデオ資料からみるPR映像・番組類制作について」

萬年社コレクション WEBデータベース
http://ucrc.lit.osaka-cu.ac.jp/mannensha/

萬年社調査研究プロジェクト
大阪新美術館建設準備室
大阪メディア文化史研究会

大阪市立大学文学研究科・大阪市立近代美術館建設準備室 共催大阪市立近代美術館建設準備室所蔵 旧萬年社 コレクションより ~広告草創期の紙資料からテレビ時代まで~

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • データベース

会 期:2012年2月1日(水)~ 2月27日(月)
開所時間:9:00~17:00(月~金のみ、土日祝日は閉所します)
場 所:大阪市立大学 文学部棟 情報編集室(2階201号室)

*ギャラリートーク:2012年2月10日(金)午後5時~6時
(特別開室)  :2012年2月11日(土)午後2時~3時

——————————————————————————
◆パネル展示
【萬年社の目が見た海外広告代理店】
【明治・大正期のしかけちらし】
【大阪地元の広告】

◆テレビCM および ラジオCM、CM音源データベースの展示
——————————————————————————
◆アクセス:大阪市立大学杉本キャンパス
JR阪和線「杉本町」駅より徒歩約5分
地下鉄御堂筋線「あびこ」駅より徒歩約20分
http://www.osaka-cu.ac.jp/info/commons/access-sugimoto.html
——————————————————————————
◆入場料:無料
——————————————————————————
大阪市立大学 萬年社コレクション調査研究プロジェクト
ホームページ  http://ucrc.lit.osaka-cu.ac.jp/mannensha/

詳しくは添付ファイル(PDF形式)をご覧ください。

問い合わせ:ishita★lit.osaka-cu.ac.jp(石田佐恵子) ★を@に変えてください。

第7巻『都市の歴史的形成と文化的創造力』、文学研究科叢書編集委員会編、清文堂出版、2011年3月

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 文学研究科叢書

日中伝統芸能研究交流会報告書

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 成果報告書・資料集等

日中伝統芸能研究交流会報告書 全71頁、 2011年3月、大阪市立大学都市文化研究センター

開会の辞 井上 徹 1
評弾音楽 周 震華 3
評弾音楽(日本語版) 周 震華(岩本真理訳) 11
大世界における評弾音楽演劇化の試み 松浦 恆雄 22
呉語資料としての評弾演出本―”辰光”をめぐって 岩本 真理 38
『伊賀越道中双六』の上演史 久堀 裕朗 49
古籍に見る明清時代「評弾」及び評弾芸人の有り様―蘇州評弾を中心に 劉 慶 59

ダウンロード(PDF):6MB

第2回萬年社コレクション調査研究プロジェクト報告会のご案内

  • Date :
  • Category :
    • おしらせ
    • データベース
    • 重点研究

PDFのダウンロード

日時:2010年12月4日(土曜日)午後1時半~4時半

場所:大阪市立大学梅田サテライト 文化交流センター大ホール
〒530-0001大阪市北区梅田1-2-2-600(大阪駅前第2ビル6階)
http://www.osaka-cu.ac.jp/info/commons/access-umeda.html

主催:大阪メディア文化史研究会、大阪市立大学、大阪市立近代美術館建設準備室
共催:京都精華大学

趣旨:
1890(明治23)年に高木貞衛が創業した萬年社は、大阪を代表する企業として、また電通や博報堂と並ぶ日本を代表する広告代理店として繁栄し てきました。1999年に倒産した折に、図書類、引札類、ビデオ・テープ類、紙・文書・印刷資料類からなる膨大な資料は、大阪からの流出を憂いた 有志によって購入されたのち、大阪市立近代美術館建設準備室に寄贈されました。

この萬年社の資料を調査研究する目的で、2008年10月から、萬年社コレクション調査研究プロジェクトが開始されました。戦前・戦中期の広告史 研究を進めてきた大阪メディア文化史研究会が共同研究の母体となり、2009年度より、大阪市立大学を拠点に、大阪市立大学重点研究、吉田秀雄記 念事業財団から研究助成金を得て、資料調査と整理作業、目録作成を進めてきました。さらに、2010年度からは、(株)毎日エス・ピー・シーから の研究寄付金、京都精華大学との共同研究(データベース科研)、MBS高橋信三基金の助成によって、データベース化およびデジタル化の作業を進め ています。

今回のシンポジウムでは、主に2010年度における調査研究プロジェクトの経過を中心にご報告します。

プログラム:
司会:菅谷富夫(大阪市立近代美術館建設準備室)
①萬年社コレクション調査研究プロジェクトの経緯について  土屋礼子(早稲田大学)
②萬年社コレクションの紙・印刷資料の概要と整理状況    竹内幸絵(大阪市立大学)&牧浦裕介
③WEBデータベース公開、ラジオCMの文字化作業     石田佐恵子(大阪市立大学)&畑洋子
④テレビCMのデジタル化と目録データベースの作成     石田佐恵子&山川達也
⑤萬年社コレクション調査研究プロジェクトの今後の課題   土屋礼子

参加無料:事前連絡不要です。
問い合わせ:ishita★lit.osaka-cu.ac.jp(石田佐恵子) ★を@に変えてください。

大阪市立大学・上海師範大学共同セミナー成果報告書

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 成果報告書・資料集等

大阪市立大学・上海師範大学共同セミナー成果報告書 全126頁、 2009年12月、大阪市立大学都市文化研究センター

趣旨説明 井上 徹 7
第1部 日中文芸の比較史
近世後期における淡路人形座と大坂浄瑠璃界 久堀 裕朗 11
电影与近代上海市民娱乐 张 新民 21
中国現代都市演劇における特刊の役割 松浦 恆雄 37
第2部 中国の近代
評弾的空间传播与时代变迁——从苏州城市文化的记忆符号谈起 唐 力行 51
鸦片烟与近代中国人的生活 苏 智良 63
晚清厘卡与苏南市镇 周 育民 75
冲、繁、难——萧山历史与萧山经验 钱 杭 89
明清苏州的宗族观念与文化世族 徐 茂明 99
近世江南士绅结社与社会控制 呉 強華 109
苏州评弹与近代上海城市日常生活 洪 煜 117

ダウンロード(PDF):2MB

往来する都市文化―《断片》から探るアジアのネットワーク―

  • Date :
  • Category :
    • 重点研究
    • 成果刊行物
    • 成果報告書・資料集等

「往来する都市文化―《断片》から探るアジアのネットワーク―」 全177頁、 2009年3月、大阪市立大学都市文化研究センター

重点研究「アジア海域世界における都市の文化力に関する学際的研究」
―プロジェクト紹介―
井上 徹 1
Part I  16 世紀東アジア海域世界往来 ―港町を結ぶモノと文化
1. 16 世紀における東アジアの変容と文物の交流―貿易港博多を中心として― 佐伯弘次 3
2. 港町大坂の誕生 ―日本社会の構造変容と海域アジア― 仁木宏 13
3. ベトナムの港町ホイアンからみたアジア交易世界 菊池誠一 25
Part II  台湾都市文化におけるモダニティーの行方
4. ラジオと蕃地 ―中山侑のラジオドラマを読む― 星名宏修 37
5. 東西冷戦と台湾の水墨画 ―劉国松と徐復観の現代絵画論争(1961 年)について― 呉孟晋 59
6. 映画とトラウマの都市 ―台北都市文学を例にして― 廖炳恵 77
(日本語訳) 南真理(訳) 91
Part III  アジアにおける都市文化としての広告
7. 関西モダニズムと広告 ―1920-30 年代の人と表現― 竹内幸絵 107
8. 衛生・美のモダニティを売りましょう ―近代中国における日本の医薬・化粧品新聞広告とカレンダーポスター― 呉咏梅 131
9. 現代中国の屋外広告の 30 年 ―改革開放時代の表情と証し― 黄升民・刘英华 151
(日本語訳) 傳琳琳(訳) 165

ダウンロード(PDF):88MB

第6巻『文化遺産と都市文化政策』、文学研究科叢書編集委員会編、清文堂出版、2009年3月

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 文学研究科叢書

Urban Culture Research Vol. 5 – Recovery Management of Arts and Cultural Heritage, UCRC Yogyakarta Subcenter, Yogyakarta, . 2007

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • サブセンター出版物(国際共同編集)
    • ジョクジャカルタ・サブセンター
    • 終了プロジェクト

第5巻『都市文化理論の構築に向けて』、文学研究科叢書編集委員会編、清文堂出版、2007年3月

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 文学研究科叢書

『現代都市における都市更新と社会空間の変遷ー生態、住宅、管理』 水内俊雄他著 全300頁 2007年3月 上海古籍出版社

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • サブセンター出版物(国際共同編集)
    • 上海サブセンター
    • 終了プロジェクト

「国際シンポジウム:ムービング・イメージと社会」報告書

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 成果報告書・資料集等

「国際シンポジウム:ムービング・イメージと社会」報告書 全64頁、2007年2月、大阪市立大学都市文化研究センター(映像社会学研究会と合同)

シンポジウムの趣旨:石田佐恵子 石田佐恵子 7
セッション1(4 日、13:00 〜 14:30) 9
オープニング・セッション:ムービング・イメージと社会
佐藤 真
セッション2(4 日、15:00 〜 17:30) 17
触発する映像:市民メディアとパブリックアクセス
第1報告:パク・チェウン
第2報告:ナ・デゥキョン
第3報告:下之坊修子
第4報告:新井ちひろ
セッション3(5 日、10:30 〜 12:00) 28
体験する映像:変容する学びのフィールド
第1報告:法政大学社会学部・丹羽美之研究室
第2報告:大阪市立大学文学部・石田佐恵子研究室
第3報告:田辺崇宏
セッション4(5 日、13:00 〜 15:30) 39
思考する映像:映像で描く社会・文化
第1報告:チョウ・ソンミ
第2報告:雪村まゆみ
第3報告:新井一寛
第4報告:レナト・リベラ
セッション5(5 日、16:00 〜 18:00) 51
集める・記録する・公開する
第1報告:石田佐恵子
第2報告:持留和也
第3報告:久保田テツ
研究会彙報 63

ダウンロード(PDF)

Urban Culture Research Vol. 4 – Culture Resource Management, UCRC Yogyakarta Subcenter, Yogyakarta, . 2006

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • サブセンター出版物(国際共同編集)
    • ジョクジャカルタ・サブセンター
    • 終了プロジェクト

Urban Culture Research Vol. 3 – Tourism and Education, UCRC Yogyakarta Subcenter, Yogyakarta, 138 p . 2006

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • サブセンター出版物(国際共同編集)
    • ジョクジャカルタ・サブセンター
    • 終了プロジェクト

『都市のフィクション』知の対流Ⅰ 芝原宏治・スティーヴン・ドッド編

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 成果報告書・資料集等
都市のフィクション
―知の対流Ⅰ―
芝原宏治 スティーヴン・ドッド編
本書の構成

第Ⅰ部 フィクションと都市空間 一
あいまいな都市 ―梶井基次郎の作品における自己と他者― スティーヴン・ドッド(Stephen Dodd)
シェイクスピアとロンドン ―エリザベス朝演劇とリバティ― 杉井正史
ジュール・ヴェルヌにおける空想の都市 中島廣子

第Ⅱ部 フィクションと都市空間 二
河竹黙阿弥と明治歌舞伎の犯罪地理 アラン・カミングス(Alan Cummings)
『荒地』における非現実の都市 ―教会の取り壊しと郊外の発展―  出口菜摘
前近代日本の都市文化と異界 ニコル・クリー(Nicole Klie)
実現されたユートピア ―一九五〇年代以後の都市とウィリアム・ギブスンの『ニューロマンサー』―  竹下幸男

第Ⅲ部 フィクションと時代思潮 一
『女殺油地獄』のドラマ  湯浅雅子
江戸中後期における三都間の歌壇の対立  ユーディット・アロカイ(Judit Arokay)
紀海音の俳諧  名和久仁子
都市とモダニズム ―大阪と阪神間を中心に― 三上雅子

第Ⅳ部 フィクションと時代思潮 二
新中国における表現の模索 ―張天翼『宝のひょうたんの秘密』をめぐって―  鈴木康予
説経の都市芸能化  劉  慶
十八世紀の都市に生じた異界としてのフリーメイソン ―シュレーダーのフリーメイソン喜劇をめぐって― 北原 博
都市とニュージーランド文学の生長 ―ジャネット・フレイムの「ギブソン先生と物置小屋」―  イアン・リチャーズ/山崎弘行訳

第Ⅴ部 フィクションの働き
補助線としてのフィクション 芝原宏治 スティーヴン・ドッド
*      *      *
The City and the Growth of New Zealand Fiction: Janet Frame’s ‘Miss Gibson and the Lumber Room’ Ian Richards

シリーズ知の対流 全三巻
編者 芝原宏治 スティーヴン・ドッド 山崎弘行 高梨友宏   芸術作品に描かれる都市と都市民の希望を読む  定価 本体4、600円+税
Ⅱ 都市と故郷のフィクション

芝原宏治 林 嵐娟 梁 淑珉  句読点は単なる補助符号ではない  今は、そこから人が読まれ、文化が読まれている  定価 本体4、800円+税
Ⅲ 日中韓英の句読法と言語表現

 

清文堂のページはこちら

第4巻『近代大阪と都市文化』、文学研究科叢書編集委員会編、清文堂出版、2006年3月

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 文学研究科叢書

都市文化理論の構築に向けて 2006年3月 全114頁

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 成果報告書・資料集等

東南アジアにおける文化表象の諸相(第3集)―環境モノグラフ資料集(3) 山野正彦編 2006年3月 全141頁

  • Date :
  • Category :
    • 成果刊行物
    • 成果報告書・資料集等

→ ダウンロード(PDF):62.6MB

はじめに 1
「もうひとつのエコツーリズム―資源としてのサウンドスケープ―」 中川 眞 3
「Koh Kred 調査報告」
(Cultural Resources Management at Koh Kred)
ブッサコーン・サムロントン 14
「タイにおけるエコツーリズム政策と現状」 清水 苗穂子 58
「インドネシアの文化政策とジョクジャカルタ・アート・フェスティバル」 岡部 政美 69
「景観概念に関するノート―都市景観解読のための断片的予察―」 山野 正彦 91
「近代都市の公共空間と地理学」
(Peter G. Goheen.“Public space and the geography of the modern city”)
本岡 拓哉、若松 司、原口 剛(訳) 98
「タイにおける“Art for All”の調査報告」
(Laporan Penelitian“Art for All”in Thailand)
ジョハン(解題:冨岡 三智) 120