日 時:2013年6月30日(日)14時~18時
場 所:大阪市立大学文学部会議室(文学部棟1階)
※入場無料、事前申込不要

■報告1:
百瀬亮司氏(名古屋市立大学研究員)
「『創られた伝統』としてのコソヴォ言説:19世紀から20世紀における歴史学を中心に」

■報告2:
米岡大輔氏(日本学術振興会特別研究員、大阪市立大学文学研究科UCRC研究員)
「帝国が交錯する場所:ボスニア史研究の現状と可能性」

■百瀬氏の主要業績:
百瀬亮司編『旧ユーゴ研究の最前線』柴宜弘監修、渓水社、2012年
百瀬亮司「橋はまた架かるか――戦後ボスニアの分裂と再建」宮島喬、若松邦弘、小森宏美編『地域のヨーロッパ――多層化・再編・再生』人文書院、2007年

■米岡氏の主要業績:
米岡大輔「ハプスブルクとオスマンの間で-ボスニアにおける進歩的ムスリムの教育改革論-」秋葉淳・橋本伸也編『近代・イスラーム比較教育社会史』昭和堂(刊行予定)
米岡大輔「ハプスブルク帝国治下ボスニアの進歩的ムスリム(Napredni Muslimani)-機関紙『オグレダロ(Ogledalo)』の言説をめぐって-」百瀬亮司編『旧ユーゴ研究の最前線』柴宜弘監修、渓水社、2012年

■お問い合わせ:
頭脳循環(EU TransNet)事務局
ishikawa[at]lit.osaka-cu.ac.jp([at]を@にかえて送信してください)