日時: 2015年1月10日(土) 13時~18時
会場: AP大阪駅前梅田1丁目 Cルーム
     (最寄り駅)JR大阪駅他
     (アクセスマップ) http://www.ap-osakaekimae.com/info/access.html
主催: 都市文化研究センター研究員プロジェクト「近代植民地都市における政治と都市文化―特に代議制、民主主義との関連で―」

趣旨
近代において植民地や多民族帝国は世界に多数存在いたしましたが、そのような欧米的国民国家の枠組みに合致しない地域間の比較研究は、まだまだ発展途上の研究分野と存じます。各地域の特徴、共通性や差異について、情報交換の場となりましたら幸いです。

報告者
長尾明日香(都市文化研究センター)「19世紀インド西部における植民地統治体制と都市自治体」
堀内隆行先生(金沢大学)「19-20世紀のケープとリベラリズム」
他、米岡大輔先生(桃山学院大学/都市文化研究センター、専門:オーストリア近代史)、
吉田信先生(福岡女子大学、専門:オランダ植民地史、オランダ近現代史)

ディスカッション・テーマ
「近代植民地における代議制、民主主義に関する表象、語りの分析」
「近代植民地や近代多民族帝国におけるムスリム・コミュニティー」他

<お問い合わせ>
レジュメ等の部数調整のため、ご参加の際には長尾(asuka.nagao[at]gmail.com)([at]を@にかえてご送信お願いしま す)までご一報いただけますと幸いです。当日直接のご来場も歓迎です。