都市のフィクション
―知の対流Ⅰ―
芝原宏治 スティーヴン・ドッド編
本書の構成

第Ⅰ部 フィクションと都市空間 一
あいまいな都市 ―梶井基次郎の作品における自己と他者― スティーヴン・ドッド(Stephen Dodd)
シェイクスピアとロンドン ―エリザベス朝演劇とリバティ― 杉井正史
ジュール・ヴェルヌにおける空想の都市 中島廣子

第Ⅱ部 フィクションと都市空間 二
河竹黙阿弥と明治歌舞伎の犯罪地理 アラン・カミングス(Alan Cummings)
『荒地』における非現実の都市 ―教会の取り壊しと郊外の発展―  出口菜摘
前近代日本の都市文化と異界 ニコル・クリー(Nicole Klie)
実現されたユートピア ―一九五〇年代以後の都市とウィリアム・ギブスンの『ニューロマンサー』―  竹下幸男

第Ⅲ部 フィクションと時代思潮 一
『女殺油地獄』のドラマ  湯浅雅子
江戸中後期における三都間の歌壇の対立  ユーディット・アロカイ(Judit Arokay)
紀海音の俳諧  名和久仁子
都市とモダニズム ―大阪と阪神間を中心に― 三上雅子

第Ⅳ部 フィクションと時代思潮 二
新中国における表現の模索 ―張天翼『宝のひょうたんの秘密』をめぐって―  鈴木康予
説経の都市芸能化  劉  慶
十八世紀の都市に生じた異界としてのフリーメイソン ―シュレーダーのフリーメイソン喜劇をめぐって― 北原 博
都市とニュージーランド文学の生長 ―ジャネット・フレイムの「ギブソン先生と物置小屋」―  イアン・リチャーズ/山崎弘行訳

第Ⅴ部 フィクションの働き
補助線としてのフィクション 芝原宏治 スティーヴン・ドッド
*      *      *
The City and the Growth of New Zealand Fiction: Janet Frame’s ‘Miss Gibson and the Lumber Room’ Ian Richards

シリーズ知の対流 全三巻
編者 芝原宏治 スティーヴン・ドッド 山崎弘行 高梨友宏   芸術作品に描かれる都市と都市民の希望を読む  定価 本体4、600円+税
Ⅱ 都市と故郷のフィクション

芝原宏治 林 嵐娟 梁 淑珉  句読点は単なる補助符号ではない  今は、そこから人が読まれ、文化が読まれている  定価 本体4、800円+税
Ⅲ 日中韓英の句読法と言語表現

 

清文堂のページはこちら